大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 25日

廃業した酒蔵さんと偶然再会して、その方が再び酒造りを開始した夢を見ました。

夢を見ました。

めちゃくちゃ嬉しかったんですが、夢だということが悔しいです。

浅野さん、元気にしてはるかなー。


大阪府羽曳野市に10年ほど前、凄い酒蔵さんがあったのをご存じですか?

15年くらい前に私が日本酒の楽しさに目覚めて、地元大阪の酒蔵さんを巡ってた時に出会いました。

d0033131_1820243.gif


【近つ飛鳥】【翁千歳】醸造元:オキナ酒造さん。


とにかく旨かった。凄かった。
そして、全てにおいて斬新だった。

15年ほど前に、オキナ酒造さんは凄い決断をしたんです。


「特定名称酒のみを醸す」
「安い米を使わない」

今でこそこういう蔵、多いです。
でも、15年前ですよ15年前。
そして、大阪の地で!

完全ド素人だった私にとってちんぷんかんぷんな世界でしたが、今思うとやっぱり凄い。

本醸造以上を造り、そして「山田錦」のみを使用する。

浅野さん、きっと凄い勇気のいる決断だったんだろうなー。


ちょっと偏った言い方で申し訳ないのですが、私が「純米酒以外認めない」という人達とよくバトル(笑)してしまうのは、「近つ飛鳥 本醸造」との出会いがきっかけでした。

五百万石を使用した近つ飛鳥本醸造の旨さが、ホント半端なく強烈だったんです。
どんな飲み方をしても旨い。
今でも味、覚えてます。
それくらい強烈だった。

そこから、「旨い本醸造・普通酒がある」事に目覚め、やっぱり毎日晩酌するには2000円以下の
お手頃価格本醸造だー!ということでいろいろ自分の舌で勉強するようになりました。


まだコンビニだったウチの店で、「近つ飛鳥」が並びました。

d0033131_18341428.jpg


でもその頃、あまり売れなかった。
近つ飛鳥って、価格も高かった。
いや、高かったせいじゃない。
この酒の本当の良さを伝えれる実力が俺に無かっただけだ。

今の自分なら、もっとしっかり発信できたかもしれない。
でも、もうオキナ酒造さんは酒を造ってない・・


で、昨日見た夢が「オキナ酒造さん再開」だったんです。

もう夢の中で嬉しくて泣いてました。
その頃、専務だった浅野さんも元気に酒造りをされてました。

あー、これが本当の出来事なら!


羽曳野の酒「近つ飛鳥」が今もなお健在なら、間違いなく大阪が全国に誇る凄い蔵に
なっていたであろうと私は思う。

蔵の大きな決断が15年前、早すぎたのか?
蔵の大きな決断に、我々酒屋がついてこれなかったのか?

いや、今となっては分からない。


この夢のおかげで、今もう一度、あの地に行ってみたいと思います。

オキナ酒造さんのあった場所、今はどうなってるんかなー。
時間を作って、ちょっと行ってみよ。






★日本酒や本格焼酎の通販 http://kadoya-sake.ocnk.net/

★スパークリング赤ワイン専門店 http://lambrusco.ocnk.net/

★かどや酒店ホームページ http://www6.ocn.ne.jp/~kkadoya/
[PR]

by kadoya-sake | 2012-01-25 18:48 |


<< しかし冷たい!指先が痛すぎて、...      しもやけに完全にヤラれてます!... >>