「ほっ」と。キャンペーン

タグ:鈴木酒造店 ( 26 ) タグの人気記事


2016年 11月 12日

磐城壽しぼりたて

d0033131_18090984.jpg
今年度新酒到着。

「磐城壽しぼりたて」

鈴木大介率いる「チーム磐城壽」一発目の新酒。

搾られたその日に瓶詰めし、出荷。
まさにしぼりたて。

是非お楽しみください。

[PR]

by kadoya-sake | 2016-11-12 18:10 | Comments(0)
2016年 10月 14日

【磐城壽 別注しぼりたて】予約受付開始!!

今朝は寒かった。

ホットカーペットの電源を入れました。

日中は暖かかったんで半袖ですが。

さて。
冬の風物詩。

d0033131_18284175.jpg

磐城壽 別注しぼりたて
予約受付開始

今年で3年目。
正直3年目も造ってもらえるとは思ってませんでした。


一昨年の夏。

鈴木大介氏とウチの店でミーティング。


「お願いしたいんですけど」と、タンク1本分の酒の仕込みのお願い。

「やってみましょう」と鈴木大介氏。


そこから始まりました。

「タンク1本分ですから、失敗できないですね(笑)」と笑ってた鈴木大介氏ですが、めちゃくちゃ旨い酒を造ってくれました。

1年目の感動で、2年目には非常に多くの方がリピートしてくれまして。

1年目を越える支持を頂きました。

これまた2年目がめちゃくちゃ旨くて、3年目の今年もまだ発表前やったんですけど「受け付け開始まだですか?」とお声掛けいただきました。

嬉しいです。酒屋冥利に尽きます。


今年、どのお米を使い、どの酵母を使うかは既に決定しております。

杜氏の鈴木大介氏曰く、

「この米とこの酵母の組み合わせはまだどこもやってないんじゃないですかねー」と。

なに!
業界初なのか!
業界初なら、世界初なのか!

これが既に前例があったら、鈴木大介氏、どうするよ(笑)


ということで、3年目もどんな酒を造ってくれるのか本当に楽しみであります。

まもなく製造もスタートすると聞いております。
ワクワク感満載。

店頭にて予約受付を開始いたしました。
遠方の方は、発送も可能。
こちらから御予約頂けます。

【磐城壽別注しぼりたて 予約ページ】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039


テンションあがりますわー。
マジで。


今年も気合い入れていきますよーーー!
皆さんからの御予約を存在感満載スタッフ「すみこ」が素振りをしながらお待ちしております!


明日は保育園の運動会!

d0033131_10273000.jpg

品切れしてました宮崎の気合い男・渡邊幸一朗氏渾身の芋焼酎「旭萬年」到着!
店頭陳列完了してますよ!!




[PR]

by kadoya-sake | 2016-10-14 18:42 | Comments(0)
2016年 01月 08日

鈴木酒造店「土耕ん醸」復活します!

d0033131_13313687.jpg


「土耕ん醸」

“どこんじょう”と読みます。
福島県浪江町で操業していた鈴木酒造店さんのメイン銘柄「磐城壽」のサブ銘柄でした。

農家さんと手を組み、地元の香りをそのまま封じ込めた、農家さんと酒造家さんの絆のお酒。
お酒は山廃仕込みの純米。蔵内にて常温であえて貯蔵した、ボディある酒。

その酒「土耕ん醸」が今回、復活いたします。


鈴木酒造店さんの意気込み、鈴木大介氏のシャレにならない程の気合いを是非味わって欲しいです。

必飲です!


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/9


写真は、浪江時代に生酒として出荷されてた「土耕ん醸」のラベルです。
今回出荷されるラベルはこれとは異なりますのでご了承の程よろしくお願い致します。
[PR]

by kadoya-sake | 2016-01-08 13:37 | | Comments(0)
2015年 09月 24日

これからの時期が面白い!



当店では毎年、秋から冬にかけて出荷予定の商品の予約を受け付けてます。
で、これがまた全ての商品ワクワクするものばかりでございまして!



年1回のみ出荷される芋焼酎だったり、サツマイモ大好きな方に知って欲しいサツマイモの販売だったり、出来たてのお酒が搾られた数日以内に当店に到着して皆さんにお届けするという企画だったり、同じお酒だけど造られた時期が異なるヴィンテージ飲み比べ規格だったりと、とにかく一気にご紹介できないことばかりなのでございます。



これを当店では勝手に「かどや祭り」と称しまして、このワクワク感をみんなで共有できたらめちゃくちゃオモロい!そしてこれはある意味イベントみたいなもんやなーと強引な解釈をしておる訳でございます(^_^)v



今期は冬のお酒の頒布会も企画中でございますので、それも合わせて順次ご紹介していきます!



皆さんのお好みはありますかねー???
お酒を飲む人も飲まない人も、ワクワクを楽しんでください!


ということで、これからどんどんいろんな商品をご紹介していきますので皆さん置いてけぼりにならないようについてきてくださいーーー!



まずはコチラ。

★磐城壽 純米生 別注しぼりたて【山形・鈴木酒造店長井蔵】


昨年に初めてスタートした企画。今年で2年目。
2年目も出来るとは思ってなかったんですよホントは。

これ、どんな内容かと言いますと、もともと福島県浪江町で酒を造っていたんですけど震災と津波と原発事故で故郷に戻る事ができず、今は山形県に避難しながら酒を造っている鈴木酒造店さんと当店のコラボ企画。

去年の春過ぎくらいに蔵元の鈴木大介氏が来阪。
その時世間話から生まれたんですよ。

この鈴木大介氏。
ガハハタイプではなく、真面目。ホント真面目。
声も控え目で、たまに何を言うてるのか聞き取れない時もあるんです(笑)

でもこれがですね、お酒を飲むと声がデカいデカい!
たまに叫んでますから(笑)

そんなオモロいキャラの持ち主なんですが、そんな彼と世間話で「こんなん出来たりするん?」って聞いたら「できますよ」と。

おぉ、そんなに簡単に決まってエエんかいな!


それから、どのお米を使ってどの酵母を使って・・と、ひとつひとつ決まっていったんです。

酒の造りについてはプロの鈴木さんに完全にお任せ。
仕込みのレシピ等も完全お任せ。


もうワクワクしかありませんでした。

仕込みが始まると、その仕込みの最中の写真をメールで送ってくれるんですよ。
更にワクワク感満載っすよね!!!

で、完成間近になって、「お酒しぼりましたよー」の連絡。

おぉぉぉ!マジか!


お酒を搾り終えた日のうちに瓶詰めしてラベル貼りもしてくれて。
で、翌日には大阪の当店に到着!

予約してくださっていた多くの皆さんにその日のうちに出荷。
早い方には翌日に到着。つまり、搾られてから3日くらいで皆様のお手元にお酒をお渡しすることが出来たという、なんともワクワクしすぎる企画だったのであります!!!!!


お届けは12月上旬でした。

年末用にとご購入くださった方が、「飲んでしもたやんけ」と笑顔で怒りながらリピートしてくださる方がとても多くて、年明けにはほとんど完売してしまったんです。


「あんなに美味しい日本酒を飲んだのは初めて」って言って下さったお客さんのあの笑顔。
今でも私の頭から離れません!!!!!

鈴木さんはホンマにエエ酒造って下さいました。
ありがたい。本当に嬉しい。感謝しかない。


しかし!この企画には「ヒエーー!」って思う事もありまして。


「あの米を使ってあの酵母を使って・・」って打ち合わせで決めてたんですけど、実際お酒になってみると別のお米と別の酵母を使ってたんですよ鈴木さんが(笑)


速攻電話してきいてみると、「そうなんですよ。急にやってみたくなって」と(笑)

もう笑うしかなかったです(^_^)v
でもこれが実は「鈴木大介テイスト」。

正直、彼のひらめきというのはとても面白い。
会話してて、「え!そう来るか!」みたいなことがとても多いんですよ。

発想が違う。とても面白い。

だからきっと、ギリギリまでこのお米とこの酵母って決まってたんでしょうけど、急に「アレとアレを使ってあんな感じで仕込みをやってみよう」とひらめいたんやと思います。


なので実は今期については、どの米とどの酵母で・・・みたいな打ち合わせは一切無し!
全てにおいて「鈴木大介テイスト・鈴木大介仕込み」にお任せすることにしました!


そしてさっき、「2年目も出来るとは思ってなかった」と書きましたが、これもまたある時鈴木大介氏が、


「2年目も継続で良かったですよね。もう酒造計画に入ってますから」と(笑)


デター!鈴木大介テイスト!


ということで、今年は果たしてどんなお酒に仕上がってくれるのでしょうか!


マイクロタンク1本分、完全なる鈴木大介仕込みにてスペシャルな「磐城壽」が誕生します。

搾られてそのままの状態です。
滓下げとか一切してないんで、うすにごりタイプでの出荷となります。

どのお米を使用するのか?
どの酵母を使用するのか?
どんな仕込み方法を選択するのか?


全ては造り手・鈴木大介氏のみが知っている。


でも実は、ひとつだけリクエストしてます。それは内緒ですけどね(^_^)v


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039



d0033131_16141292.jpg

[PR]

by kadoya-sake | 2015-09-24 16:15 | | Comments(0)
2014年 05月 21日

福島県浪江町請戸「磐城壽」醸造元・鈴木酒造店

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


先日、浪江町に行ってきました。

2011年3月11日。
大地震と津波、そして原発事故によって現在「人が住めない」地域になっています。

「磐城壽」醸造元の鈴木酒造店があった請戸地区は線量はとても低く、福島市内と同じくらい。
線量はその日その日で変わるとの事。
風向きの影響が大きいらしい。


2007年に私は鈴木酒造店さんを訪問しました。
http://kadoyasake.exblog.jp/4876188/

http://kadoyasake.exblog.jp/4877175/

よろしければご覧ください。





7年ぶりに訪れた浪江町。
2011年3月11日から道路等はある程度整備されたとの事。
それ以外は、【3年前からほとんど変わっていない光景】。

d0033131_1792133.jpg

鈴木酒造店さんがあった場所。

d0033131_1711689.jpg

酒を搾る槽。

d0033131_17115392.jpg

この機械を使ってお酒を搾っていた。


d0033131_17122035.jpg

釜。

d0033131_17124610.jpg

初めて訪問をした時、ちょうど甑倒しの日だった。


d0033131_17132520.jpg

d0033131_17134270.jpg

d0033131_1714321.jpg


この場所で力強い生命があった。
美しい花を咲かせながら、主の帰りを待っている。

d0033131_17162058.jpg

この写真の真ん中付近に見える煙突とクレーンが見えますか?
あの場所です。
憎い。とても憎い。




d0033131_17151730.jpg

浪江駅。懐かしかった。
この付近は、3.11から時が完全に止まっていた。


d0033131_17171475.jpg

浪江町では、実験的に米作りがスタートしました。

d0033131_17175358.jpg

除染の為に土を全て剥がし取り、新しい土を入れてます。
d0033131_17574619.jpg

水もその場で井戸を掘り、常に線量をチェックしながら事を進めている。

人の住んでいないこの地で、前向きに頑張っている人たちがいる。

d0033131_17574619.jpg

d0033131_17582132.jpg



今回の経験は、とんでもない経験だった。
実際に現地を訪れ、見て、いろんな事を感じた。

d0033131_17593037.jpg


俺の悩みなんて、とんでもなくちっぽけなもんだ。
鈴木大介氏が現在背負い、目指している事と比べたら、たかがしれてる。

d0033131_1714321.jpg


これからもずっと美しい花を咲かせてくれ。
主が帰ってくるのを待っていてくれ。
彼はこの地に、きっと帰ってくる。


d0033131_1832386.jpg







【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2014-05-21 18:07 | | Comments(0)
2014年 02月 26日

磐城壽 季造りしぼりたて 中汲み純米酒 浪江の香りがする・・・

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_1875328.jpg



「磐城壽」鈴木酒造店さんより、旬の酒が入荷。

★磐城壽 季造りしぼりたて 中汲み純米酒

鈴木酒造店さんよりの「純米中汲み」が到着。
とても感慨深い・・・。
福島県浪江町の蔵元さんですが、現在は山形県長井市にて酒造りをしています。
山形のお米「出羽燦々」を使い、福島県浪江・請戸蔵の山廃酒母から選抜した自家酵母D-10を使用。
うっすらと濁った無濾過純米原酒で、味のパンチ以上に優しさと柔らかさ、そして福島県浪江町請戸の風景が思い浮かんでくるような味わいがなんともいえません。


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/663




【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2014-02-26 18:14 | | Comments(0)
2013年 12月 13日

「磐城壽」鈴木酒造店さんより地元ブランド「一生幸福純金酒」入荷

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり

やっぱり正月は金箔だぜ!


というゴールドな方へ。

ゴールドすぎる酒が入荷してきました。

d0033131_164818100.jpg


★一生幸福純金酒 1800ml 2785円
☆詳細 http://kadoya-sake.ocnk.net/product/622


ゴールドカードを持ってる方はコレをチョイスすべし。
免許証がゴールドの方はコレをチョイスすべし。

数が無いので無くなり次第終了ですー(^^)/



【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2013-12-13 16:52 | | Comments(0)
2013年 02月 21日

2年ぶりの復活「磐城壽純米中汲みうすにごり」

【今月の営業について】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【かどや飲み会イベント参加者募集中!】http://www6.ocn.ne.jp/~kkadoya/izakaya_kadoya.htm
【営業告知】3/3(日)臨時休業 3/17(日)短縮営業 3/20(祝)臨時営業!


福島県浪江町請戸(現在山形県長井市)の蔵元「磐城壽」鈴木酒造店さんから2年ぶりの酒の復活です。

d0033131_1751392.jpg


磐城壽 純米中汲み 無濾過生原酒 1800ml 2835円
☆詳細 http://kadoya-sake.ocnk.net/product/663



嬉しいなー。マジで嬉しい。
到着した瞬間、思わず一升瓶を抱きしめてしまいました(^_^)

d0033131_17525876.jpg

この写真一番右が2013年2月出荷の表ラベル。
写真の左も同じく2013年2月出荷の裏ラベル。
真ん中の写真は2011年2月出荷の裏ラベル。

震災前まで出荷されていたこのお酒の裏ラベルは、酒造りの光景の写真を載せてたんですよ鈴木さんは。
ロットが変わると、写真も違ってたんですよねー。

d0033131_1814182.jpg


「どれだけ手間かかってんっすかー」って鈴木さんに突っ込んだ事もあります(笑)

でもこれだけ鈴木さんにとって思い入れのあるお酒なんです。

浪江町請戸という場所で水揚げされていた「白魚(しらうお)」。
毎年鈴木さんが送ってくれてたんですよ。
この白魚の美味しい事!!!
そして、この「磐城壽中汲み」に合う合う!

このお酒を造るのに鈴木さんの頭の中には「請戸の白魚と合わせる」というのがあったと言ってました。

そりゃ合うはずだわ!


でも今では白魚の水揚げもありません。
山形県長井市という場所には、海はありません。

それでも鈴木さんは、「海の男酒」として「磐城壽」を出荷し続け、「浪江に帰る事」を最終目標に山形県で酒を醸し続ける。

d0033131_1811986.jpg


「自分が酒を造り続ける事。それは浪江町に戻れない人達へ『浪江のもの』を繋いでいく事」

きっとこういう考えを持っているんだと思います。


いろんなことを思い出すんですよねー、このお酒を眺めていると。

単なるモノ、酒じゃなくって、何て言うんやろー、とにかくいっぱい思い出すんです。

機会があれば是非味わってみて下さい皆さん。


磐城壽 純米中汲み 無濾過生原酒 1800ml 2835円
☆詳細 http://kadoya-sake.ocnk.net/product/663


あれからもうすぐ2年経つのかー。
あの事をしっかり教訓にしてしっかり生かして今を生きているんだろうか・・・
全く成長してないなー。もう40なのに。

今日はこのお酒を飲みながらいろいろ考えてみよう。
[PR]

by kadoya-sake | 2013-02-21 18:09 | | Comments(0)
2013年 01月 31日

磐城壽・鈴木酒造店さんへ、皆様の気持ちを届けました。

d0033131_1510611.jpg

あまり綺麗な画像じゃなくてすみません。

当店レジ横に置いております義援金箱。
この度、63147円を義援金として「磐城壽」鈴木酒造店さんへ送金させていただきました。

時が流れ、テレビで取り上げられる事も少なくなってきて、放射能・原発云々のニュースも一体どこまでが本当の話なのか何を信じていいのか分からなくなってきました。

でも、自分達が住んでいた街に未だ帰れない人達がたくさんいるという現実があります。

当店はどれだけ時が流れようと、「忘れない」

義援金を送る事を継続していきます。

そして、これからも店頭に置き続けますよ義援金箱。

貯金箱を持ってきてくださる方もいました。
「どこに送ったらいいか分からないから」と、お店に設置していた募金箱を持って来てくれた飲食店さん。

当店で買い物をしてくれた際のお釣りを全て義援金箱に入れてくれるお客さん。

皆さんの温かい思いをそのまま鈴木酒造店さんに届けました。

鈴木さんの最終目標は「浪江に帰る」。

今の現状を考えると、非常に難しいかもしれません。
しかし、「浪江町」を今もなお山形県から発信し、浪江町民の気持ちを背負い、浪江町民としてのプライドを持ち続けている。

そして、本来なら背負う必要の無かった様々な【負】を背負ってしまったが、今もなお頑張り続ける。

応援し続けます。



阪神大震災も東日本大震災もまだ終わってない。



ご協力頂きました多くの皆様、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by kadoya-sake | 2013-01-31 15:23 | | Comments(0)
2012年 11月 29日

磐城壽/一生幸福 しぼりたて 

【イベント情報】http://www6.ocn.ne.jp/~kkadoya/izakaya_kadoya.htm
【募集中!!】12/15(土)開催 「ワイン試飲会」

d0033131_112631.jpg

品切れしておりました「磐城壽しぼりたて」が再入荷しました。

本醸造タイプのうすにごり。
一升瓶で2000円。
そしてこの旨さ。

鈴木さん、もう勘弁してください(笑)

今回は山形県地元銘柄「一生幸福」もご案内します。

ご紹介するしぼりたて生酒は「磐城壽」「一生幸福」共にラベル違いで中身は同じです。

「浪江に戻る」という最終目標を掲げ、海の男酒を造り続ける「磐城壽」と、山形県という新天地で地元の人達に認めて頂けるように努力を続ける「一生幸福」の2つの酒。

鈴木家の思いを是非心で味わってみて下さい。



【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/619
[PR]

by kadoya-sake | 2012-11-29 11:04 | | Comments(0)