タグ:磐城壽 ( 55 ) タグの人気記事


2017年 03月 11日

3.11 磐城壽 店内試飲会

d0033131_11484177.jpg


鈴木酒造店「磐城壽」(福島県/山形県)店内試飲会


3月11日(土)13:00~17:00
3月12日(日)13:00~17:00


当店店内にて上記時間で磐城壽の試飲会をやってます。
会費は必要ありません。いろいろ味わってください。


3月11日を忘れない為に開催します。


燗にしても楽しんで頂けるように準備しておきます。


エントリーは不要。通常営業しながら普通にやってます。
お時間のある方はふらっと遊びに来てください。


d0033131_11484949.jpg

d0033131_00241432.jpg
d0033131_00240712.jpg
d0033131_00240048.jpg

d0033131_00235303.jpg

d0033131_00234563.jpg

d0033131_00233823.jpg

d0033131_00233299.jpg

d0033131_00231649.jpg

d0033131_00232652.jpg

かどや酒店 072-625-0787
大阪府茨木市蔵垣内3-18-16


土日は18時までの営業となっております。


[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-11 11:53 | Comments(0)
2017年 03月 07日

鈴木酒造店「磐城壽」試飲会 3.11

忘れてはいけない日。3月11日。
東日本大震災。



当店がご縁をいただいている蔵元「磐城壽」鈴木酒造店さんは福島県浪江町にて酒造りをしてましたが津波ですべてを失い、原発事故で故郷にも帰れない状態で、今は山形県長井市にて酒を造り続けています。

本来なら経験する必要の無かった事を経験してしまい、背負わなくてもいいものを背負ってしまいました。

断絶されてしまった人と人との繋がり。
でも逆に、この経験があったからこそ確認できた人と人との繋がりというのもたくさんあったと聞いています。

亡くなってしまった方の為、そして今もなお避難生活をされている人たちの為、浪江町の為、震災を経験してしまったすべての人の為。

震災を経験してしまったすべての人たち、サポートしてくださった人たちの為に自分たちが今できること、そして酒を造り続けることで関わる人たちの元気のひとつになればと鈴木酒造店さんは今、今まで以上に「人と人の繋がり」を大切にしながら頑張ってます。


そんな鈴木酒造店さんのお酒をこの日は数種開栓し、皆さんに店頭にて試飲していただこうと思っています。また、当店では鈴木さんのお酒は一升瓶をメインで販売している為、ご希望の方がいらっしゃったら量り売りをしようと思っております。


【日時】3月11日(土)3月12日(日) 13:00~17:00
【場所】かどや酒店店内 大阪府茨木市蔵垣内3-18-16
【会費】不要
【エントリー】不要


磐城壽を造り続ける彼らの思いを感じて欲しい。
そして私たち自身も「忘れない」気持ちを持ち続けたい。

そんな気持ちを持ってくださる方々からのご参加を心よりお待ちしております。


画像は小さいですが、昔私が浪江を訪問した時の写真を少しばかり。

d0033131_10181200.jpg
訪問した時、海から吹く風がとても強かった~!
契約農家さんの田んぼでした。

d0033131_10180828.jpg
浪江駅で降りて、ちょっと待ってたら、鈴木大介氏登場。
久々の再会でした。

d0033131_10175294.jpg
鈴木大介氏の自慢だった自家精米機。
この頃の磐城壽の製造規模で自家精米機を持っているのはなかなか珍しかった。

d0033131_10173997.jpg
蔵の外側にあった釜。
蔵の歴史と共に歩んできた。

d0033131_10174878.jpg
蔵のある海側は、すぐ港。
鈴木大介氏と、この港の近くにあった食堂で食べた刺身定食の味が今でも忘れられない。

浪江の港から出港する漁師のみんなは、大漁の時は地の酒「磐城壽」で祝ったという。

それが「磐城壽 漁師の祝い酒」と呼ばれるようになった所以なんです。

d0033131_10180211.jpg
酒を搾る槽。
地の人に愛される地の酒は、ここから誕生してました。
震災後に浪江を訪れた時、この槽のあった場所は・・・


d0033131_10180093.jpg
蔵を案内してくれた鈴木大介氏。
地元に愛される酒を造りたいと何度聞いた事か。
今もその考えを貫き通している。

d0033131_10174589.jpg

3月11日(土)と12日(日)、お待ちしております。




[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-07 10:34 | Comments(0)
2016年 11月 12日

磐城壽しぼりたて

d0033131_18090984.jpg
今年度新酒到着。

「磐城壽しぼりたて」

鈴木大介率いる「チーム磐城壽」一発目の新酒。

搾られたその日に瓶詰めし、出荷。
まさにしぼりたて。

是非お楽しみください。

[PR]

by kadoya-sake | 2016-11-12 18:10 | Comments(0)
2016年 10月 25日

あかんな、

今年の俺。

スタートが遅すぎる。

ちょっと気を引き締めます。

これはちょっとマズい。


さて。

今日は朝から衝撃な事実が。


d0033131_18402503.jpg
早瀬浦。
私にとってなかなかデカい存在の蔵元さんです。

そんな蔵元さんから衝撃的な事実。


早瀬浦純米27BY完売


シブい。
シブすぎる。

全国に早瀬浦ファンが多すぎるってことです。

多すぎるのです(^_^)v


当店在庫もまもなく終了する可能性大。
早瀬浦ファンの皆さん、特約店へ急いでください。

そしてまもなくアレが来ます。


早瀬浦ブラック

そう、奴です。

山廃純米のアイツ。

しばらく当店店内、早瀬浦ブラック推しでいきますので皆さん覚悟しててください。


そして、一瞬の品切れ期間の間に何件も問い合わせ。
まさしくこれは俺の気の緩み。

2~3日くらい品切れしても大丈夫やろなーという安易な考えからこうなってしまった。
しかし現在店頭販売再開。

d0033131_18402012.jpg

磐城壽アカガネ。
山廃純米熟成。
蔵内常温熟成なのに、全然ゴテゴテしてない。
なんとも綺麗な熟成なんでしょうか。

造り手の鈴木氏はきっと、常温熟成に耐える酒造りをしたからこそこんな綺麗な熟成をしたんでしょう。
Tさん、お待たせいたしました。


d0033131_18401412.jpg

当店に初めてお越しくださった方が冷蔵庫の前で必ずといっていいほどこの酒の前で止まります。

若波。
今村嘉一郎氏と今村友香氏率いる「チーム若波」の酒。


知ってくださっている方の多さに驚いてます。
そして、名前を間違う人もぼちぼちいらっしゃいます。

「若波」ですよ「若波」!
「岩波」じゃないですからね「若波」ですよ!

これを機に覚えてくださいませ。


最後に本日の大本命。

あの男が世に送り出すこの芋焼酎。

d0033131_18403016.jpg
蕾千本桜


「つぼみせんぼんざくら」と読みます。

芋焼酎新酒。
明日より店頭販売開始。

こちらの焼酎は蔵元さんとミーティングした結果、買い物かごを利用しての通信販売は控えております。
遠方の方は、是非お問い合わせください。
こちらのページにお問い合わせしていただけるフォームがありますので。



最近、子供を寝かしている時の寝落ち率が高すぎます。
週7のうち、週7です。
気がつくと朝です。

みんなが寝静まった後に、やらなあかんことがいろいろあるのです。
でも寝てしまってます。

嫁は「疲れてるからちゃうか」と言うてくれますが、違います。
確実に「寝る気満々」なだけです。

でもこれから年末にかけてやらなあかんことがいろいろあるのです。
今日は絶対に寝ません。

助けてください。
寝たくないのですよホント(^_^)v




[PR]

by kadoya-sake | 2016-10-25 18:57 | Comments(0)
2016年 10月 14日

【磐城壽 別注しぼりたて】予約受付開始!!

今朝は寒かった。

ホットカーペットの電源を入れました。

日中は暖かかったんで半袖ですが。

さて。
冬の風物詩。

d0033131_18284175.jpg

磐城壽 別注しぼりたて
予約受付開始

今年で3年目。
正直3年目も造ってもらえるとは思ってませんでした。


一昨年の夏。

鈴木大介氏とウチの店でミーティング。


「お願いしたいんですけど」と、タンク1本分の酒の仕込みのお願い。

「やってみましょう」と鈴木大介氏。


そこから始まりました。

「タンク1本分ですから、失敗できないですね(笑)」と笑ってた鈴木大介氏ですが、めちゃくちゃ旨い酒を造ってくれました。

1年目の感動で、2年目には非常に多くの方がリピートしてくれまして。

1年目を越える支持を頂きました。

これまた2年目がめちゃくちゃ旨くて、3年目の今年もまだ発表前やったんですけど「受け付け開始まだですか?」とお声掛けいただきました。

嬉しいです。酒屋冥利に尽きます。


今年、どのお米を使い、どの酵母を使うかは既に決定しております。

杜氏の鈴木大介氏曰く、

「この米とこの酵母の組み合わせはまだどこもやってないんじゃないですかねー」と。

なに!
業界初なのか!
業界初なら、世界初なのか!

これが既に前例があったら、鈴木大介氏、どうするよ(笑)


ということで、3年目もどんな酒を造ってくれるのか本当に楽しみであります。

まもなく製造もスタートすると聞いております。
ワクワク感満載。

店頭にて予約受付を開始いたしました。
遠方の方は、発送も可能。
こちらから御予約頂けます。

【磐城壽別注しぼりたて 予約ページ】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039


テンションあがりますわー。
マジで。


今年も気合い入れていきますよーーー!
皆さんからの御予約を存在感満載スタッフ「すみこ」が素振りをしながらお待ちしております!


明日は保育園の運動会!

d0033131_10273000.jpg

品切れしてました宮崎の気合い男・渡邊幸一朗氏渾身の芋焼酎「旭萬年」到着!
店頭陳列完了してますよ!!




[PR]

by kadoya-sake | 2016-10-14 18:42 | Comments(0)
2016年 06月 15日

副鼻腔炎の術後も順調に回復中。

副鼻腔炎の手術をしてから今日で9日目。

今日初めてマスクを外せました。


まだ頭が痛いです。
続いてます。
偏頭痛用の薬を飲んだら治ります。
普通の頭痛薬では効きません。
ま、完治まで時間はかかりそうなんでしばらく耐えます。

びっくりするくらいの鼻声ですけどね。


さて。

酒屋が酒を紹介するという、いたってしょうもない内容です。

しかし、旨いからしゃあない。

d0033131_17503063.jpg
同い年の男「鈴木大介」氏が造る、ムースのような口当たりの日本酒入荷。

旨い。
旨すぎる。
来店してくれる人全員に強制試飲してほしいくらい。

「ムースのような日本酒ください」と声かけてください。

d0033131_17503691.jpg
 

蔵主「宮森義弘」氏が蔵に戻ってきて寫樂ブランドを立ち上げ、「自分が旨いと思う酒」を造り出してもう何年経つだろう。
忘れました(笑)

会津若松で染め物屋をやっている大学の同級生「安藤」が、「おまえに会わせたい奴がいる」とずっと言ってくれてて、それから数年後に仙台で会いました。

名刺交換した瞬間に初対面なのにお互い「あ~~~~~!」と。

ここで繋がりました。
確か「寫樂」ブランドを立ち上げて2年目くらいやったかなー。
ほとんど地元で、それも数店舗で展開されてた時でした。

大阪どころか西日本にまだ販売店はなくて、なんか私もえらい気合い入ってましたわ。

今では凄まじい勢いの蔵元さんなんですけど、更に「酒が旨くなっている」からまた凄い。
普通は出荷量が増えたら「味が落ちた」とかいろいろ言われますけど、寫樂だけはそれが全然無いのが素晴らしい。

だから支持され続けてるんでしょうね。


そんな宮森氏も気合い入りまくりの酒「寫樂大吟醸」入荷。
本日より店頭販売開始。

d0033131_17504736.jpg
猛烈にお問い合わせ頂いております「寫樂 純米吟醸 愛山」も到着。

大吟醸と愛山共に店頭販売分は多くありませんので無くなり次第終了となります。
お取り置き等全ての銘柄においてやってませんのでふらっと店にお越しくださいませ。

一期一会ですね(^_^)v


あ~~~、頭が痛い!





[PR]

by kadoya-sake | 2016-06-15 18:19 | 店での出来事 | Comments(0)
2016年 01月 08日

鈴木酒造店「土耕ん醸」復活します!

d0033131_13313687.jpg


「土耕ん醸」

“どこんじょう”と読みます。
福島県浪江町で操業していた鈴木酒造店さんのメイン銘柄「磐城壽」のサブ銘柄でした。

農家さんと手を組み、地元の香りをそのまま封じ込めた、農家さんと酒造家さんの絆のお酒。
お酒は山廃仕込みの純米。蔵内にて常温であえて貯蔵した、ボディある酒。

その酒「土耕ん醸」が今回、復活いたします。


鈴木酒造店さんの意気込み、鈴木大介氏のシャレにならない程の気合いを是非味わって欲しいです。

必飲です!


【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/9


写真は、浪江時代に生酒として出荷されてた「土耕ん醸」のラベルです。
今回出荷されるラベルはこれとは異なりますのでご了承の程よろしくお願い致します。
[PR]

by kadoya-sake | 2016-01-08 13:37 | | Comments(0)
2015年 12月 30日

12/31の営業について

年末らしさを全く感じないまま、まもなく大晦日。

「DVDディスクがおかしいから買ってきて。明日、『大晦日だよドラえもん』があるから」と言われてるので、閉店後にジョーシンにDVDディスクを買いにいかないといけません。
いわゆる「パシリ」です。

正月は、朝から高槻西武に並ばなくてはいけません。新年も「パシリ」からスタート予定です。



さて。
明日もかどや酒店はしっかり営業します。
短縮営業です。10:00~17:00営業となります。


来て下さい。とにかく来て下さい。

酒屋というのは12月が最も忙しい。 はず。

年末、ご来店頂いた方にご迷惑をお掛けしないよう、前もって当店スタッフ「すみこ」に無理言うて出勤してもらってます。

しかし、「すみこ」は言います。


「そんなに忙しないやん。いつもの土曜日みたいやん」と。


ん~、ピンチです。

「年末の酒屋は忙しい」というところを、すみこに見せつけなくてはいけません。

ですので皆さん、明日は来て下さい(^_^)v

皆さんが協力してくれる事を期待してます(笑)


それに加えて、「すみこ名刺」状況。

今日で数枚貰ってくれる方が来てくれました。
しかし、約20枚ほど残ってます。いや、余ってます。

今年中に20枚誰かに配らなくては昇格できません。
明日、もらいに来て下さい。すみこから直接受け取ってください(笑)
すみこの昇格は「あなたの来店」にかかっています。

「もしかして・・すみこさん?」が合い言葉です(^_^)



年内に入荷しましたお酒も完売したもの、完売間近のものが出てきてます。
大吟醸系も完売したもの多数。

明日はラスト。ラストです。
よろしくお願い致します。



そして。




さりげなく店頭にて販売しておりましたお酒を明日少量ですが販売します。
限りなく少ない本数です。


「全ての皆様に公平に」という思いがあります。


販売方法については12/31店頭にてお知らせいたします。
どうぞそちらをご覧上、ご検討ください。



こちらのお酒は、とてつもない苦労を乗り越えた蔵元さんが次のステージに進む大きなきっかけになった、蔵元さんの思いがとてもとても込められた「特別純米無濾過生原酒」となります。
一升瓶のみで、価格は税込2808円。


飲むと、芳醇でお米の旨味がそのまま楽しめる、凝縮感満載の非常に美味しいお酒です。
お正月に是非開栓して皆さんで味わって欲しいと思います。






最後に。

当店が別注でタンク1本分お願いしております「磐城壽別注しぼりたて純米生」!
d0033131_1716343.jpg

本当にたくさんの方にご愛飲頂いております。本当に有り難うございます!

おかげで入荷量の半分以上を皆様のお手元へお渡しすることが出来ました!
たくさんのリピートも頂戴し、涙ちょちょぎれるくらいに嬉しいです(T_T)

店頭にて試飲して頂けます。
明日、実際に当店にて味わってみて下さい。


d0033131_17255040.jpg

そして、関西が誇る蔵元・安福又四郎商店さんの「しぼりたて大黒正宗」がすこぶる旨い!

グッとくる旨味はぶっちゃけタマリマセン

まあ飲んでください。

ということで皆様!

明日は「すみこメイン」でのご来店を心よりお待ちしております(^_^)v
[PR]

by kadoya-sake | 2015-12-30 17:43 | | Comments(0)
2015年 10月 22日

2年目に突入!磐城壽別注しぼりたて!!!

今年も始まりました!

磐城壽別注しぼりたて!


去年の春頃、「磐城壽」醸造元・鈴木酒造店の鈴木大介氏と世間話してる時に決定した特別仕様の「磐城壽」。

なんとも今年も造ってもらえることになったんですー。

去年の夏の終わり頃に山形の鈴木酒造店さんを訪問(激しい胃痛で大変だった)した時に、

「この米を使ってこの酵母を使って、こんな感じでいくつもりです」と打ち合わせをして、「おぉ、これは楽しみ!期待満載!」ということでワクワクしながら出来上がる12月上旬まで待ってたんです。

12月8日に搾って、12月9日に発送してくれて、12月10日に当店に到着。


到着してスペックを見ると、ん?聞いてた内容と違う??

あれ?って思ったけど、試飲した酒が妙にイケてる。
ま、確認の為に鈴木さんに電話してみようと思って、電話。


「話してたスペックとちょっと違いますよね?」って伝えると、鈴木さんはいつもの口調で、


「そーなんですよ、急にやってみたいことが出来たんで」と。


なにーーー!知らんかったぞーーー!
ってか、めちゃくちゃオモロいやんーーー(笑)


話してたスペックを勝手に変更してしまう鈴木大介氏。
恐るべし(^_^)v



ということで、猛烈に大好評でした1年目は、出荷してくれた約400本のうち、約9割を速攻販売終了。
あとの1割は当店の氷温貯蔵庫にて眠りにつかせました。



そして今年。

ある時、鈴木大介氏から入電。


「今年もやるって事でいいですよね、もう製造計画に入ってますから」と。


なにーーー!有無を言わせず予定に入ってると!
オモロすぎるやんけー鈴木大介氏!

もともとお願いするつもりだったんで逆に鈴木さんから言って頂けてありがたいことでございます(笑)


そして2年目!
鈴木酒造店さんでは当店別注仕様の仕込みがスタートしております!


しばらくこのページでは、「第2期目 磐城壽別注スペシャル」の現場風景をアップしてきますので皆さん是非ご覧ください!


あ、そうそう。
2年目の今年ですが、どんなスペックになるか興味ありますよね?

実は既に聞いてます。
マジで凄いです。
大幅に1年目とは全て【別物】と考えていただいて問題ないと思います。

しかし!
初年度と同じく「やりたいことが出来たんですよ-」と、シラーッと変更されるかもしれないので(笑)スペックは完成するまで一切非公開ですので皆さんご理解を(^_^)v


ただ、今私が聞いてる事が全て現実になると、ぶっちゃけこの価格(1800mlで税込2808円)では出せないですね。
っていうか、出したら駄目ですよ。

それくらい面白くなりそう。


ということでスタートした2期目の画像!

ちょこちょこアップしていきますので皆さんご覧あれ!
そして、興味を持ってくれたら是非予約すべし!

10/22現在で、既に約4分の1の予約を頂戴しております!
皆さんどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1039


d0033131_2333927.jpg


d0033131_23332973.jpg

[PR]

by kadoya-sake | 2015-10-22 23:34 | | Comments(0)
2015年 03月 25日

磐城壽 山廃純米生原酒 入荷!3月29日は14時開店です。

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_18374727.jpg


★磐城壽 山廃純米生原酒 1800ml 2808円
★詳細 http://kadoya-sake.ocnk.net/product/563


本日、鈴木大介氏率いる鈴木酒造店さんより「磐城壽 山廃純米生原酒」入荷です。

飲んでくださいよ-。


このお酒が火入れされ、熟成を重ねて秋頃に「土耕ん醸」として世に送り出される予定。

3.11以降、「土耕ん醸」の復活であります。

春、この酒を2本ゲットして1本飲み干し、1本は秋まで貯蔵。
秋に復活の「土耕ん醸」を入手し、机の上に生原酒と共に並べてください。

私なら間違いなく


泣きます(>_<)


「土耕ん醸」の酒の事を知っている身としては、もう一度この世に登場してくれるのはホントに嬉しい。
そして、このお酒に対する鈴木大介氏の思いを猛烈に知っている分、余計にタマラナイ。




d0033131_18432855.jpg


2009年に当店に入荷して来た時の「土耕ん醸」の生原酒の画像。


このお酒の火入れ熟成、当店氷温庫に1本あります。
飲めない。
でも、いつか必ず飲もう。


【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2015-03-25 18:47 | | Comments(0)