大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ

タグ:会津娘 ( 37 ) タグの人気記事


2017年 06月 01日

会津娘 純米吟醸 雄町

先月末が当店決算でございました。
全商品の棚卸し。

整理整頓しながら棚卸ししてたんで、バックヤードも冷蔵庫内も、素晴らしい程にビューティフル。

この状態をいつまで保つ事が出来るのか・・




さて、本日より6月。

これから入荷ラッシュが続きます。
怖いです。冷蔵庫がまたパンパンになるんじゃないかとドキドキです。

皆さんたくさん買いに来てくださいませ。
しかし、体調を壊すと旨い酒も飲めなくなるので、程々に。


d0033131_17492420.jpg
会津娘の雄町が登場。

通称「会津娘ブラック」。

昨年度よりラベルが完全にリニューアル。
一層シブくなっております。

d0033131_17493054.jpg
ギュッと詰まった旨味。
雄町という酒米を使用したお酒は味しっかりタイプになります。
このお酒もまさにそう。
旨味が凝縮されております。

お米の旨味を酒で表現するスペシャリスト「チーム会津娘」が、雄町を使うとこんな素敵な味わいになるのです。

幸せを感じたい方は味わってみてください。

明日より店頭販売開始。
遠方の方は期間限定でwebでもご購入していただけるようにしてます。



会津娘のお酒は、当店が今、ご縁を頂いている蔵元さんの中で最も長いお付き合いをさせていただいております。
ウチにとっては欠かす事の出来ない日本酒「会津娘」。

お米と向き合うスタイルは、おそらく業界ではピカイチでしょう。

生産量のほとんどを地元会津産のお米を使用している一部に、あえて県外米を使用したバージョン「雄町」。

地元産をメインにしている高橋亘氏が、あえて県外米を使用した「意味」を是非とも味わって確かめてください。




某日本酒の抽選販売受付を本日から6/3(土)までやってます。

d0033131_18135758.jpg

今回は期間が非常に短いです。お許しください。

この酒の造り手さん、大好きなんですよ。
酒の話もしますが、ほとんどがプライベート話。
その中でも家族の事とか子供の事が多いです。

久々に彼と飲みたいものです。
なんか、イイんですよねー。


d0033131_18172664.jpg
炭酸ガス注入器、買いました。
前から会津娘の高橋亘氏が「エエでコレ」って言うてたのを知ってたんですが、やっと購入しました。

デビューは6月3日(土)の日本酒&本格焼酎飲み会。

ご参加頂ける皆様、これで存分に遊びましょう。
日本酒も焼酎もスパークリング仕様に返信させてみましょう。







★現在参加者募集中のイベント★


★当店詳細★

かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787
10:00~19:00(火~金)10:00~18:00(土日)
月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり






[PR]

by kadoya-sake | 2017-06-01 18:19 | | Comments(2)
2016年 07月 17日

どうも、

3連休で近所の万博公園付近は大混雑らしい。
ウチはその逆。
閑散酒屋でございます。

d0033131_17272527.jpg
今日は曇ってるなー。
d0033131_18525260.jpg
限定「納豆屋」もまあまあ好調。
入荷量の半分が嫁いでいきました。
お早めにどうぞ。

d0033131_17273198.jpg
しかし、ブラックラベルの酒はシブい。
かなりイケてます。
そう思いません?


d0033131_17273618.jpg
昨日は西宮で「菊鷹の会」でした。

d0033131_17281288.jpg
西宮・六湛寺にある「つねはる」さん。

愛知酒「菊鷹」を常日頃から応援してくださってます。
仕入れる銘柄を毎回チェンジする飲食店さんが多いなか、つねはるさんはいつ行っても「菊鷹が飲める」のです。
とてつもなく嬉しい。


「菊鷹の会」は店主の常石さんのたってのお願いでした。
杜氏の山本克明氏も快く引き受けてくれて開催が実現。


d0033131_17281759.jpg
背中で語る男、山本克明氏。
みんなくぎづけ。
ちなみに私は裏方。

d0033131_17282157.jpg
酒も基本フルラインナップで、1本は隠し酒。

いやー、楽しかった。
エエ人ばかりでした。

d0033131_17282769.jpg
泥酔してしまう方もいらっしゃらなくて素敵な楽しい会でしたー。

「つねはる」さん、これからも「菊鷹」をよろしくお願い致します。

西宮の皆さん。
菊鷹が飲みたくなったら「つねはる」さんに行かれてはいかがでしょうか?
料理も旨いし雰囲気もいい。
奥さん綺麗すぎるし。


そして土曜の朝、子供達と蝉取り。
d0033131_17280827.jpg
蝉はまだ怖いらしく、「蝉の抜け殻とり」に必死の3歳男子。

5歳の娘はキャーキャー言いながら走り回ってました。

d0033131_17274787.jpg
5歳画伯作「ドラえもん」

d0033131_17275219.jpg
3歳画伯作「ドラえもん」
d0033131_17414176.jpg
年齢不詳「すみこ」作「ドラえもん」。

今なら店内で作品展やってます。
置いてるだけですけど。

d0033131_17280148.jpg
ご無沙汰だった東野圭吾、再燃中。
d0033131_17274184.jpg
こちらも再燃中。
あえて今回はぼかしてます(笑)

何も言わずに冷蔵庫からゲットしてくれる方多し。
ダサいラベル、いいかもしれないですね。


明日は定休日。
祝日なので子供達も休み。
ひたすら子供達と遊ぶので仕事の電話は一切出ませんので是非ともお許しを。

子供達に嫌われるまでは子供優先ということで。
いつかはどうせ嫌われるからなー。

来週火曜日。
是非お待ちしておりますm(_ _)m



[PR]

by kadoya-sake | 2016-07-17 17:54 | Comments(0)
2016年 06月 08日

山和 特別純米中取り原酒/会津娘 芳醇純米一火/七ロ万/大倉 夏うらら/花巴スプラッシュ

ひたすらサボっている旬の入荷情報連発。

d0033131_11363854.jpg
宮城「山和」から夏酒。「すみこ」曰く、原酒とは思えない軽快さと旨味を兼ね備えた感じ。
冷やして飲むと、もっとキリリとすっきり飲めるんじゃないかと。

d0033131_11365397.jpg
お待ちかね「七ロ万 純米吟醸」。
昨年よりラベルもリニューアルし、酒も共にグレードアップ。
人気が増してます。

「すみこ」曰く、さすがロ万!ロ万らしさをしっかり体験出来つつ、夏酒ののすっきり感を楽しめる納得の1本!

d0033131_11365967.jpg
奈良・香芝より「大倉 純米生酒 夏うらら」。

「すみこ」曰く、「うわ!美味しい!大倉なのでもっと濃いかと思ったけど、これはいつもの大倉とは異なる味わい!」

d0033131_11370981.jpg
そしてこのラベルデザイン。

「すみこ」曰く、「なんでこうなったんだ???」(笑)

d0033131_11371800.jpg
「花巴 山廃純米大吟醸スプラッシュ」。シュワシュワ系の凄い奴。

「すみこ」曰く、「キャー!これこれ!これやねん!これ好きやねん!」


d0033131_11364721.jpg
「会津娘 芳醇純米一火」。

「すみこ」曰く、「これは間違い無い。軽快感と芳醇感ともに感じる。とにかく余韻がタマラナク素敵。お米を大切にしている感じがとてもする❤」


d0033131_11372768.jpg
これら全てのお酒、

「試飲できます」。


全て当店敏腕スタッフ「すみこ」の感想でございます。
ワタクシ、諸事情により利き酒できません。

味が全く分かりません。
完治するまで1~2週間ほどかかりますので、それまでは「すみこ情報」としてお伝えします。
ま、きっとこのほうが信頼感絶大でしょうね(^_^)v

d0033131_11373352.jpg
今月分「寫樂 純米」入荷しました。

d0033131_11374656.jpg
今月やっと入荷しました「喜久泉 吟醸」。
ブラインドで飲んだら誰もが旨いと唸る逸品。

d0033131_11381144.jpg
完売と申しておりました「寫樂純米吟醸備前雄町生」ですが、氷温貯蔵庫に少しだけありましたので店頭に並べております。

d0033131_11375144.jpg
品切ればかりですみません。
青森「田酒 特別純米」720mlようやく入荷。
店頭販売中。無くなり次第終了となります。

d0033131_11101269.jpg
田酒のスペシャルセット、完売しました。
d0033131_11145027.jpg
あ、間違えた。
d0033131_13270019.jpg
手にとって下さる方が非常に多く驚いております。
和歌山のクラフトビール「平和クラフト」。


d0033131_11055708.jpg
菊鷹量り売り、ご希望の方はお気軽に「すみこ」まで。


では本日も100人ほどのお越しを心よりお待ちしておりますm(_ _)m





[PR]

by kadoya-sake | 2016-06-08 11:56 | Comments(0)
2016年 03月 18日

会津から春が来た「会津娘 花さくら」

d0033131_18550331.jpg
会津から春が到着。

「会津娘 花さくら」

本日より店頭販売開始です。





[PR]

by kadoya-sake | 2016-03-18 18:55 | Comments(0)
2016年 01月 08日

会津娘新酒「雪がすみの郷」

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:00(火~金)10:00~18:00(土日)月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり



新年早々ド暇な毎日でした。
しかし、昨日は違いました。
なぜなら、

「すみこ」の出勤日だったからだと思う。


ん~、俺が店番していてはダメだという現実を目の当たりにする事が多くなってきた・・。
もう俺はバックヤード整理と影武者に徹する1年になるのか・・
別にそれでもエエけど。


さて。

まもなく待望の会津娘新酒が到着いたします。

d0033131_10334637.jpg


雪がすみの郷
純米生うすにごり


ん~、嬉しい。
約15年前から分けてもらってるこのお酒。
もう見事に冬の風物詩です。
ラベルデザインも変わってません。
好きです。このレトロ感。

このラベルだけは、今後もずっと同じであってほしい。

間もなくです。間もなくですよ。
到着したら速攻店頭に並べますから。

2回の入荷があります。
酒米違いで2種。


1回目は「夢の香」という会津米を使っだ。バージョン。
2回目は「五百万石」という同じく会津米を使ったバージョン。


毎年2本手に入れて飲み比べをする人多し。
分かる、その気持ち。
私も皆さんの立場なら間違い無くそうすると思う。


ん~、楽しみだ。

もう既に冷蔵庫をカラにしてスタンバイしております。

この週末は、間違い無く会津娘祭りになるな。

当店にとって最も最長なお付き合いをさせて頂いている「会津娘」髙橋庄作酒造店さん。

同い年の髙橋亘氏にはグングン「人としての立ち位置」は引き離されております。
情けない話です(笑)

それくらい自分のスタンスを持って米作りと酒造りと向き合っています。
私も酒ともっともっと向き合いますよーーー!


週末は
雪がすみの郷!

[PR]

by kadoya-sake | 2016-01-08 10:50 | | Comments(0)
2015年 11月 21日

会津娘 純米大吟醸

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_2247613.jpg


感無量です。
本気で感無量。

「兵庫県山田錦」を使用した、会津娘初の純米大吟醸酒。


まず、「会津娘」髙橋さんが純米大吟醸を出した事。衝撃でした。

そして、「会津娘」ブランドで『山田錦』を使用した酒が登場した事。とんでもない驚き。



髙橋亘氏は、常にお米と向き合う男。
蔵の目の前にある所有田で有機栽培にて五百万石を作り続けている。

良い酒を醸す為に米をどう生かすか考える造り手が多い中、髙橋亘氏にとって「米が主役」なんです。

全てのお米に表情があり特徴がある。
同じエリアで栽培されているお米でも、隣の田んぼで栽培された米と、その隣の田んぼで栽培された米とは表情も特徴も違う。それは、土が違うから。また、日照時間などの環境が違うから。もっと、さまざまなことがあるはず。


だから、「じゃあこの田んぼのお米はこういう特徴を持っているから、酒造りの中ではこのポジションで使ってみよう。その隣の田んぼのお米は、こういう表情をしているから、今回はこういう形で酒造りに使ってみよう」


常に主役は「お米」。そのお米の事をここまで考える酒の造り手、いますか?
それが良いとか良くないとかではなく、「米が常に主役」で、「常に米と向き合う髙橋亘氏の姿」が、初めて出会ってから今日まで一切ブレてないのです。


土産土法。どさんどほう。

その土地の人がその土地の米と水を使い、その土地の手法で仕込む

土産土法の精神を貫き通す、髙橋亘氏率いる「チーム会津娘」が、あえて県外の米を使用して酒を醸すのか。

そこには全て意味があるのです。
その意味とは一体何なのか?


そこで新たに登場したのが、今回の「会津娘純米大吟醸」。

あえて山田錦を使った理由。
現在、山田錦以外にも「岡山県産雄町」「兵庫県産短稈渡船」「兵庫県産山田穂」を使用している。


あの髙橋亘が、あえてそれらの県外の米を使っている理由は一体何なのか。




「全てに理由があり、意味がある」





だから、あえて彼が今回、兵庫県産特A山田錦を使用した純米大吟醸を世に送り出そうとしたのかという意味がとても大きく、そしてそれがとても嬉しくて私にとって、とんでもなく感無量あります。



このお酒、是非飲んでみてください。
髙橋亘氏の心意気、是非ダイレクトに感じてみてください。

このお酒は実は2種類あります。

「兵庫県東条産特A山田錦バージョン」と、「兵庫県吉川産特A山田錦バージョン」。

(髙橋亘氏は毎年、日本酒業界を引っ張る蔵元さん達と共に実際に兵庫県の圃場を訪れ、山田錦・短稈渡船・山田穂を作られている農家さんと会って話をし、距離を縮め、県内であろうとなかろうと本気で『米と向き合って』います)


d0033131_2354923.jpg


今までの「会津娘」とはまた違った、どことなくモダンチックな味わいとエレガントさを感じてほしい。


全国の「会津娘」販売店にて買って飲んでみてください。
遠方の方は、少量ですがwebにアップしています。
http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/7


あー!久々に長くなってしまったー!
[PR]

by kadoya-sake | 2015-11-21 00:10 | | Comments(0)
2015年 11月 15日

会津娘のニューアイテムが今月入荷いたします。

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり



当店で取扱させていただいているお酒の中で最も歴史のあるお酒「会津娘」。

「会津娘」醸造元の髙橋庄作酒造店さんより今月、新しい酒が登場いたします。

私としては、もうワクワクが止まりません。

あの米で、このスペックで・・
とうとうこの域に会津娘が・・・

そして720mlのみの出荷とは・・・

蔵元さんより案内を頂いてますが、このスペックでこの価格は正直、安すぎます。
発売をストップしてほしいくらいに安すぎます。

でも、きっとここに蔵元さんの皆さんに対する思いがあるのかもしれません。
だからこそ味わって欲しい。
そして、会津娘の新しい違った表情を体感して欲しい。


確か、出荷は今月20日前後だったと思います。

入荷してから皆様にはお知らせいたします。


ホントに楽しみだ・・・。
[PR]

by kadoya-sake | 2015-11-15 18:23 | | Comments(0)
2014年 03月 27日

会津娘芳醇純米 一火

d0033131_19291206.jpg

会津から春の便り パート2

「会津娘 芳醇純米 一火」

本日入荷!
そして今日俺はこの酒を飲む!
職権乱用!!!

明日から店頭販売開始しますよー(^_^)v
皆様の御来店をお待ちしておりますー!

[PR]

by kadoya-sake | 2014-03-27 19:29 | | Comments(0)
2014年 02月 11日

「地元から発信プロジェクト」続々スタートいたします。

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_22565550.jpg

今年から来年にかけて、時間がある限り動きます。
なんか動いたほうが楽しいような気がしてきました。
そして今、「楽しい」です。

地元から何か発信できないだろうか?
今既に地元にあるものを発信するというのもひとつの方法。
でも、逆に自分達で作ってしまうのもいいかもしれない。

自分達で作って発信することが出来るなら、今の段階で最良な形を作る事が出来るかもしれない。


ということで、いろいろやっていきます。

先日も、地元の農家さんと軽くミーティングしてきました。
現在当店より発信している「茨木あまさけ」も完売間近でしたが、継続して農家さんにご協力頂ける事になりましたので継続して発信していけそうです。

ワクワクです。
オモロすぎです。


そして話は代わって・・

2/16(日)は臨時休業します。
大切な人達に会いに行ってきます。
再び寒波が訪れるというのが非常に恐ろしいですが・・
飛行機さえ飛んでくれれば・・と祈るのみ。





【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2014-02-11 23:08 | | Comments(0)
2014年 01月 26日

会津娘「雪がすみの郷」純米生酒 米違い2種

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_12224334.jpg


会津若松の酒「会津娘」。
髙橋亘氏率いる「チーム髙橋」の今シーズンの新酒。

髙橋さんのところでは基本的に「会津産」の酒米を使ってます。
それはなぜかというと、髙橋さんが「会津が好きだから」だと私は思う。

で、その会津産の米を使って醸されている「会津娘 雪がすみの郷」が出荷開始になってます。
会津娘ファンがこの時期をまだかまだかと待って下さってる。
そして旨いから尚更。

このお酒、2種類の酒米を使って醸されてます。
会津産「五百万石」と会津産「夢の香」。

そして、商品としての外見は全く同じですが2バージョン発売されているのです。

当店ではその2種の米を使ったバージョンを別々に分けて頂いてて、酒米違い2種飲み比べをお薦めしています。

なんで飲み比べをお薦めしているかというと、「楽しいから」。

同じ銘柄の酒で2種の違った米から造られた「味」を楽しめるって、楽しくないっすか?


実際に飲み比べてみて私なりの感想はありますが、ここには書きません。
飲んだ人のみぞ知る。

全然違いますから!
ホンマにオモロい。

720mlがもうすぐ完売しそうです。
お早めにどうぞ。


☆詳細 http://kadoya-sake.ocnk.net/





【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2014-01-26 12:30 | | Comments(0)