大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ

タグ:三宅彦右衛門酒造 ( 27 ) タグの人気記事


2017年 04月 05日

三宅さんの春酒「早瀬浦 浦底」最終入荷!!

今日は暖かかった。

d0033131_19223970.jpg
三宅さんから届きました。
早瀬浦の春酒「早瀬浦浦底」最終入荷です。

店頭にて販売中。

お早めにどうぞ。

d0033131_19185541.jpg
平日にも関わらずたくさんのご来店ありがとうございました。
田酒山廃純米720ml、喜んでいただき嬉しいです。



そして今週土曜日は、店内が西田酒造店さんのお酒と西野金陵さんのお酒がしっかり並ぶ日。



田酒&月中天
ジャック

d0033131_22164591.jpg
d0033131_19302586.jpg
蔵の方にいろいろ聞いてみたい事、聞いてみてください!
話してみたい事、話してみてください!


★店内試飲会★

【日時】2017年4月8日(土)13時~17時(17時完全終了)
【参加費】おひとり500円(おちょこ1個プレゼント)
【内容】以下のとおり。

◇当日出品のお酒をいろいろ試飲してみてください(非売品もあり)
◇商品によって1800mlから720ml瓶へ量り売りできる商品もご用意いたします
◇量り売りご希望の方は洗浄した720ml瓶をお持ちください
◇瓶をお持ちでない方は100円にて新瓶を販売しています
◇試飲会当日に販売させていただくスペシャルのお酒をご用意いたします
◇飲み会ではありません。アテはありません。

特にエントリーは必要ありません。
当日ゲリラ参加OKです。

それでももしエントリーしてくださる方がいらっしゃいましたら以下よりどうぞ。


【エントリー】https://coubic.com/kadoyasake/


ワクワクする日本酒をご用意してお待ちしております~~!

[PR]

by kadoya-sake | 2017-04-05 19:26
2017年 02月 06日

早瀬浦 浦底!!

この時期の風物詩、到着。

d0033131_21455898.jpg
早瀬浦 浦底


店頭販売開始いたしました。



[PR]

by kadoya-sake | 2017-02-06 21:46
2016年 11月 11日

早瀬浦 三宅彦右衛門酒造

11/10は午前中でほぼほぼ仕事を終了し、急遽「早瀬浦」を醸す三宅彦右衛門酒造さんへ行ってきました。

急遽やったんで三宅さんには迷惑かけてしもたかなー。

行きたかったんです。
忙しくなる前に。
今年中に。

蔵の変化とスタートした造りの現場を感じたかった。

快くOKしてくださった三宅さん、早苗さんありがとうございますm(_ _)m

伺った昨日は、ちょうど搾りの時。

d0033131_13522746.jpg
d0033131_13522197.jpg
今月末に出荷される新酒。
ワクワク感増大。

d0033131_13523453.jpg
蔵の玄関も変化してました。

d0033131_13520350.jpg
シブすぎ。

写真にはないですけど、サーマルタンクの新設とかもういろいろ変化。


結局長居してしまいました。
ホントすみませんでした。

d0033131_13521504.jpg
現場を訪れて実際に造りの空気を感じたり造り手さんとあったりすると気持ちがビシッとなります。
今年も来年も一生ウチは「早瀬浦推し」でいきますので皆さんどうぞよろしくお願いいたします。


二日酔いでホンマしんどいので今日はここまで(笑)




[PR]

by kadoya-sake | 2016-11-11 13:59
2016年 07月 03日

すさまじく

d0033131_13224855.jpg
快晴すぎるでしょー!
夏です。
しかし、湿気多し。

d0033131_13224391.jpg
発送予定のお酒、乾かしてます。
しかし、湿気の多さで乾きません。

d0033131_13215386.jpg
全国酒屋の悩みでございます。

写真のとおり、今日は「早瀬浦フェスティバル」。
早瀬浦ご支持ありがとうございます。

三宅さん、やりましたーーー(笑)

d0033131_13214790.jpg
手術後、嗅覚がだんだん戻ってきました。
向かいの焼き肉屋さんの香りを感じます。

肉食ってる人、羨ましい~~!

d0033131_13214079.jpg
18歳の時から使ってるオーディオ。
健在。
25年頑張ってくれてます。


明日は休み!
今日こそ寝落ちせずに町に繰り出したい!
嗅覚と味覚が復活してきたし!




[PR]

by kadoya-sake | 2016-07-03 13:26 | 店での出来事
2016年 02月 20日

早瀬浦 純米吟醸“越の雫”

d0033131_14252411.jpg

“越の雫”ファンの皆さん、大変長らくお待たせ致しました!
昨年度人気だった「早瀬浦 純米吟醸“越の雫”」が到着しました。

例のごとく早速試飲。

香りはキリリとした辛口を想像しそうです。

口に含んだ瞬間はライト感を感じるんですけど、空気に触れれば触れるほど旨味が出てくる。

やっぱり旨いぞ早瀬浦!

やや辛口系の優しい旨味を感じる酒。
食を邪魔しない、心地よい食中酒として本領発揮しそうですね!


当店がご縁を頂いている蔵元さん全てそうなんですけど、三宅さんの酒はいつでも安心できる。

毎年、気温も違うし米の出来も違うし、酒の味は毎年違って当然。
そんな中、「今年の早瀬浦」をそれぞれのカテゴリーで表現してくれるので、毎年毎年のその時の酒を味わうのが非常に面白くてワクワクします。


きっと飲食店をされている料理人の方も一緒でしょうね。
その日その日に仕入れる食材が、毎回同じではないはず。

今日入荷した食材のコンディションを見ながら、どの味付けにするのがベストなのか、どの料理の材料として使うのがベストなのか、きっと毎回違うと思うんですよねー。(間違ってたらすんません)

なので私の中では勝手に「酒の造り手と料理人は同じ職人」みたいなものを感じてて、その時のベストをどう尽くすかを懸命に探ってはるんやろなーって思うんです。


その時の「酒の味」には、全て理由があるんですよねー。
だから、もし可能なら、一期一会で出会える今年の酒の味の向こうにあるいろんな風景を想像しながら味わって欲しい。
私はワガママですがそんな思いを持ってたりもします。(まあそこまで考えながら飲まんでもエエかもしれませんけどね)


ということで、旨い酒「早瀬浦越の雫」、開封してますー!
是非今年の味わいを堪能してくださいー!

遠方の方は地方発送も可能です。

http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/30




ちなみに余談。
3/5(土)開催の飲み会、だんだん埋まってきましたよーーー!
気にしてくれてる方がもしいらっしゃったらお早めにお声がけ下さいーーー!





[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-20 14:40
2016年 02月 17日

第1回目入荷分「早瀬浦 浦底」

寒いです。
非常に寒いです。

仕事してたら外からなんか「バタバタバタ」って聞こえるので外を見たら、なんか雹が降ってました。
そりゃ寒いはずです。

さて。

d0033131_16291550.jpg
先日入荷しました「早瀬浦 大吟醸の酒粕」ですが、あまりにも好評すぎて売り切れてしまいました。
すみません。

で、ダメ元で蔵元の三宅さんのとこに電話してみたら、なんと!
送って頂けることに!

なにーー!
感動やないかい!

あと数日で再入荷します。
いやー、皆さん「旨いもんは旨い」とよく知ってはるわ。

1kgで648円です。
安すぎますわ。正直ありえない。

どないします?買わなあかんでしょ。


ということで、表題の「早瀬浦浦底」の件。

d0033131_18065208.jpg

720mlは既に余裕で完売しております。
1800mlは入荷があまりにも少なすぎたんで悩みましたが、

こっそり数本
店内に並べました(^_^)v


最近わざわざ当店まで遠方からお越しくださる方が増えてきました。
本気でありがたいですm(_ _)m


先に言うときます。
今回の「早瀬浦浦底」は「第1回目入荷分」となります。

現在、「早瀬浦」三宅彦右衛門酒造さんではどんどんお酒が搾られておりまして、それらのお酒の滓の部分を特別に囲い、純米上汲みとコラボさせて「早瀬浦浦底」を完成させてくださってます。

入荷量についてはまだ完全不明ですが、入荷次第何らかの形で告知させていただきますので皆様どうぞよろしくお願い致します。


あと、これも言うときます。

浦底は毎回味が違いますよ(^_^)v

1回目出荷分の味わい
2回目出荷分の味わい などなど

まあ違いますのでタイミングがあえば是非とも飲み比べなんかしてみても面白いかも。

入荷量が非常に少ない為、気になる方はお早めにどうぞーー!




[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-17 18:13 |
2015年 12月 17日

早瀬浦 特別純米搾りたて

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:00(火~金)10:00~18:00(土日)月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり



年に数回、不定期でチラシをご近所さんのポストに投函させていただいてます。
当店の向かいにあります焼肉屋さんと中華屋さん、そして当店の3店舗共同チラシです。

最近、ホントたくさんの方にお声掛け頂きます。
「チラシ読んでるで」と。

ある方は、「チラシ楽しみにしてるでー!焼肉屋も中華屋も酒屋も、どっこも言った事ないけど!」と言い、笑いながらチャリで颯爽と走っていくおっちゃんとか。

ま、このチラシの内容についてちょっと興味あるわー!という方は、是非とも当店の近隣に引っ越してきてください。お待ちしております。


入荷ラッシュです。
私が29歳の時にコンビニから酒屋に戻って以降、こんなに日本酒が当店の倉庫に積まれているのは史上最高であります。

調子に乗りすぎました。すみません。

調子に乗ってしもてこんなん言うのはアレなんですが、


ウチに酒を買いにきてください(笑)

当店の「すみこ」が皆さんと会えるのを楽しみにしております。


ということで、待望の酒が入荷しました。

d0033131_2391167.jpg


早瀬浦 特別純米搾りたて生


グッとくる存在感とシャープなキレ。
この酒飲まずに年越しできないぞ。

【詳細】http://kadoya-sake.ocnk.net/product/840




現在、店頭にて内緒企画をしております。
気になる方はひとまずお越しください。
そして、張り出している告知をご覧ください。
ご興味があればご参加ください。
〆切間近です。来てよーーー!
[PR]

by kadoya-sake | 2015-12-17 23:23 |
2015年 04月 18日

早瀬浦 浦底 緊急最終入荷!!!!!

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり


d0033131_12295388.jpg


いつもありがとうございます。

そうなんです。
ブログのタイトルとおり、今期もう入荷が無いはずだった三宅さんの酒「早瀬浦 浦底」が極少量再入荷いたしました!

現在店頭にて販売しております。
今期は私も買えてないので、落ち着いたら買って飲もうと思ってます。

旨いんですよねーこのお酒。


「早瀬浦」を造る三宅さん、出荷してくれるお酒全て旨いです。
で、毎年少しずつ味わいが違っているのが嬉しい。そして、昨年から向上しているのが飲むとすぐに分かる。

個人的な嗜好ですが、福井県のオリジナルの米を使って仕込まれた「早瀬浦 純米吟醸越の雫」というお酒、旨さ半端じゃないっすもんね。


ということでグングン向上のみの「早瀬浦」。
是非ともワクワクしながら楽しんでくださいねー!




【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2015-04-18 12:55 |
2014年 07月 01日

クッとくる辛口酒「早瀬浦」

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり



いやー、なかなかハードな1週間でした。
あと1週間続きます。
家族共々乗り切りたいと思います。
仕事がもうちょっと忙しかったら嬉しいねんけどなー(笑)


「辛口で飲みやすいお酒ください」

こんなリクエストをしてくださる方が案外多いです。
で、そんな時私は聞いてみます。

「辛口のお酒がお好きなんですか?」って。

そしたら、案外、そうじゃなかったりするんです。

「飲みやすいお酒がお好きなんですか?」って聞いていろいろ味見して頂くと、そうじゃないパターンが多い。

ま、どこからどこまでが辛口なのか、どこからどこまでが飲みやすいのかって言うと、なかなか曖昧でありますし、お酒は嗜好品ですから感じ方に個人差があります。


ただ、今この時期に「辛口のお酒はどのお酒ですか?」って聞かれれば、100%私はこのお酒を推薦します。


d0033131_1744586.jpg



★早瀬浦 極辛純米酒 【福井県・三宅彦右衛門酒造】


このお酒、実はこの夏出荷分からリニューアルしております。
どこがリニューアルしてるかをココに書いたら、ものすごく長くなるので是非店頭でワタクシのトークをお聞きください(笑)


いわゆる「辛口のお酒」って、アルコース度数がちょっと高かったり、程よく濾過をしてすっきり飲みやすく仕上げているお酒に多いと私は思ってます。

でもこのお酒は、日本酒の持つ“旨み”をしっかり感じつつ、喉を通る時にクッと感じる辛口具合が何とも幸せを感じるのであります。

コレ、なかなか難しいと思うんですよ。

日本酒って、本来旨みがあるものでありますし、原料はお米。なので、旨みがあって当然だし、甘さを感じて当然。甘さを感じない日本酒ってそう見つける事が出来ないと思います。

旨みをしっかり感じながら辛口具合をお酒で表現するって、上手に味としてのバランスが整わないと難しいんじゃないかと思うんですよねー。

それをやってのけるのが「早瀬浦」を醸す三宅さんだと思うんです。

三宅さんって、ホンマに真面目な人です。
私より年齢がひとつ上の「兄貴」です。
物腰柔らかです。
しかし、酒のことになると、しっかりとした自分の考えを持ち、貫き通す。

きっと、自身で醸す「早瀬浦」を通じて若狭を全国に発信してるんだと思うんですよ。


この土地だからこそ出来る事。
それは、地元の米を使い、蔵の敷地内から湧き出る水を使って酒を醸す。
そして、その造り手が地元出身の人間。

「オール福井」もしくは「オール若狭」で表現する酒が「早瀬浦」なのかもしれません。


で、今この時期に皆さんに飲んで欲しいお酒が「早瀬浦 極辛純米」なんですけど、これがホント、旨みをしっかり感じながらクッとくる辛口具合がタマランのであります。

これくらいの辛口具合なら、もう少し味が軽快になる酒が多いなか、これだけの旨み甘みを舌先で感じながら「この酒は辛口だ」を言わしめるっていうのは、ホントにスゲー事じゃないかと私は思ってます。

このお酒、お酒単体で楽しむのも全然OKなんですが、晩ご飯を食べながら楽しんでみてください。
全然食事を邪魔しないんですよ。
料理が勝つとか酒が勝つとか、そんなんじゃないんですねー。
フィットします。

これは飲んで損無し。
飲まなければ損をする。





【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya
★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます

【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake
★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。
[PR]

by kadoya-sake | 2014-07-01 18:08 |
2014年 03月 25日

何度悩殺されたか分からない酒「早瀬浦 純米吟醸無濾過生原酒」についてお伝えしなくてはいけないことがあります

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/ 
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya 
【当店詳細】 かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com 
      10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の北側に1台分の駐車スペースあり



入荷して即試飲し、仕事中にも関わらず旨すぎて何度も悩殺されてしまったお酒「早瀬浦 純米吟醸無濾過生原酒」。

d0033131_19203855.jpg
「あのブログに書いてた、悩殺されるお酒ってコレですか?」みたいな感じで手に取ってくださる皆様。

実際に試飲していただいて、「あ、悩殺される意味分かります」と言って頂けた事はオモロすぎるくらいに嬉しかったっす。

で、そのお酒について皆様にお伝えしないといけないことがあります。
















一升瓶完売!

先日、とっくに完売してたと思ってたら冷蔵庫で眠っている一升瓶を発見し、今日数本並べました。
そしたら、全部なくなりました。

一升瓶が完売したと思ってたので720mlを買っていただいてたんですけど、これも第1回目入荷分は早々になくなってたのです。
ま、速攻完売してしまったのはビビリ発注した私のレベルの低さが原因なんですけどね。

でもこれは多くの人に飲んでほしい。しかし、無い・・・

ん~~、この「純米吟醸無濾過悩殺生原酒」、もう無いのか・・と思ってたところ!!!!!


ほんのちょっと720mlが再入荷!

これはもう、再び悩殺されるしかないっすよ皆さん。

悩殺純米と呼べる酒はまさしく「早瀬浦純米吟醸無濾過生原酒」。

決して安くないです。でもですね、それ以上の価値があることは私が責任を持ちます。
っていうか、

旨いから飲んどけ!
と、あえて心の叫びとして皆さんに呼びかけたいと思います(^_^)v

是非悩殺されてください。

消費税アップまであと7日。



 
d0033131_22375617.jpg
現在一升瓶予約完売中。第2回目入荷待ち。

【facebook】https://www.facebook.com/sakekadoya ★「いいね」をして頂けると、タイムラインに当店からの情報がアップされます 【Twitter】https://twitter.com/kadoyasake ★フォローして頂けると当店から酒情報をお届けします。

[PR]

by kadoya-sake | 2014-03-25 19:33 |