2005年 05月 18日

蔵垣内。

ウチの店がある茨木市蔵垣内。
蔵垣内という地名は、我々は「くらがうち」と読むが、、正式には「くらかきうち」と読むらしい。

で、その蔵垣内という町は基本的には住宅街。
今は住宅街っぽくなっているが、たくさんの田んぼに囲まれた、とても静かで住み心地の良い町。この蔵垣内がワタクシは大好きである。

今日、蔵垣内2丁目を車で走っていた。
ビールの配達に出ていたんやけども、その時にふと見つけたものがあった。
思わず携帯電話のカメラでパシャッと。

d0033131_18414129.jpgなんと、野苺だ!ビックリした!
野苺を見たことがある昔の記憶をたどってみると、どうも小学生の時にどこかの山の中で1度だけ見た経験で終わっている。
それも、この我が町「蔵垣内」にて見る事ができるというのは予想もしていなかった!
誰かが植えたのか、それとも実は昔からこの場所に居たのかは全然分からへんけども、見つけた瞬間思わず「おぉー」と叫んでしまった。

めちゃくちゃぎょうさん実がなっていたので1つくらいパクッといってやろうかと思ったけど、ちょっとここは来年も頑張ってもらわないといけないので食するのをやめた。

昔と比べて田んぼは減ってしまったけど、まだまだたくさんの自然に囲まれている「蔵垣内」は、今結構イケてるとワタクシはさりげなく思っている。

みんなで蔵垣内に遊びにきて~!のどかやで~!気持エエで~!
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-18 18:48 | Comments(7)
2005年 05月 15日

ジーンズ。

毎日ワタクシはジーンズをはいている。
で、大してこだわりはない。

しかしここ最近、めちゃくちゃ気に入ってしまったジーンズがある。
エヴィスジーンズ

「エヴィスジーンズ、最近まで知らんかったんかいな?」と言われてたけど、知ってはる人は結構居てはるみたい。



ツレとかに聞いてみると、大阪発のブランドで、山根さんという方が作ったジーンズブランドらしい。で、「道楽」という釣り関係のブランドが元々のスタートだと聞いた。(間違ってるかも・・。知ってる人居てはったら教えて~)

そのジーンズのどこがどない風にエエのかと言われてもジーンズについては全くのド素人であるので分からんけども、「惹かれた」のは『関西発・大阪発』だということ。

関西人であるワタクシはどうもやっぱり関西びいき。
関西が好きやからかなぁ。

という訳で、ワタクシの現在愛用させていただいているエヴィスジーンズは、見事にワタクシの定番となっている。少々お値段が張るのでそんなにしょっちゅう購入することは不可能であるが、久々にエエなぁと思ったジーンズの出現がとても嬉しい。

エエで、なかなか。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-15 12:26 | Comments(0)
2005年 05月 13日

買い物忘れ。

「あ、これ無くなったから、明日買いにいかんとあかんわ」

そう思ってはや6日が経過。
こういうこと、ワタクシはよくやる。
そして、学習能力がないからなのか、ホントに何度も繰り返す。

シャンプーとリンス。

シャンプーとリンスがない6日間というのは非常にツラいものがある。

「あ、そうや~!買うのを忘れた!」

こう思うのは、風呂に入ろうとして素っ裸になった時だ。
もうどうしようもない。
素直にあきらめて、石鹸で髪の毛を洗う。
ご想像とおり、「バシバシ」状態。

これを6日間も繰り返してるわけだ。
6日間、バシバシ。
髪の毛の間を指でも通そうものなら、ブチブチッと髪の毛が何本か抜けてしまいそうな雰囲気。


そして今このブログを書いている時も手元にはシャンプーとリンスは無い。

今日は用事があり、閉店後には出掛けないといけない。
帰ってくるのは真夜中。
果たして今日こそシャンプーとリンスを購入することが出来るのか。。。

心配や~。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-13 18:30 | Comments(2)
2005年 05月 12日

読書。

最近読書はオモロイなぁと。
ワタクシはそんなに本を読むほうでもない。
でも、読み出したら止まらない。

本を読むといっても、どんなジャンルの本でもOK。
自伝でも推理小説でもエッセイでも。

数日前からいくつかの本を読んだ。
本を読んでいると時間の経過の早さを感じるなぁ。
で、エエ勉強にもなってくれるし。

昨日読破したのは、これ。
d0033131_12233751.jpg

隆慶一郎さんのエッセイ。
歴史ものは嫌いじゃない。逆に浪漫があってめちゃくちゃオモロイと思う。

次に読む本はもう決まっている。っていうか、もう読んでる。
読み出しは少々「難しいかな?」って思ったけど、これがまた面白そうでどんどんのめり込んでいきそうなのがよう分かる。

ということで今はワタクシにとって「読書月間」。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-12 12:29 | Comments(0)
2005年 05月 08日

快勝!

ワタクシはさりげなく、サッカーJリーグ・ガンバ大阪のファン。
一番大きな理由は、地元の大切なチームであるということ。
そして、とても身近な存在に感じることが出来るということ。
そんなガンバ大阪を応援したいと思ってる。

で、今日はガンバ大阪と名古屋グランパスの試合。
それも、Jリーグ発足以来の10000ゴールが決まる日でもあった!

ということで、2時の試合開始をドキドキしながら待っていた。
店にはテレビはないので、ガンバ大阪のホームページ内の「試合速報」をチェックしながらのイメージ観戦。

個人的には、大黒選手のプレーに元気をさりげなく頂戴しているワタクシであるので、10000ゴールは大黒選手に是非!と願っていた。

試合終了。結果は3ー1にてガンバ大阪の勝利!とても嬉しい事だ!
大黒選手の10000ゴールは無かったが、ガンバ大阪から10000ゴールが飛び出したというのがなんといっても嬉しい限り!ガンバの前田選手、おめでとー!

ガンバ大阪は、万博競技場が本拠地。
地元・関西であることが嬉しい。そして、地元・関西のチームを応援出来る環境が嬉しい。

ワタクシは地元びいきです。
関西を応援したいし盛り立てたい!!
関西の日本酒、頑張ってます!応援します!
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-08 18:33 | Comments(0)
2005年 05月 06日

プチ飲み会?

ウチの店は晩の8時過ぎに営業が終了する。
これはあくまで基本的な時間で、ずるずる9時になり10時になりすることもあったりする。

数日前、閉店時間の少し前に電話が。

「まだ店あいてるか~!あいてたら今から酒買いに行くわ~」と近所の田中さん。
ちょうどその日は仕事終了後に何も用事がなかったので、営業時間を少し延長し、田中さんを待つ事に。

ご近所さんであるので10分もしないうちに到着。
そして試飲しながらウダウダ話。

そのウダウダ話が延々と続く・・・。

気が付いたら田中さんと私の2人は、椅子に座って酒を飲んでいた。

「こりゃえらいこっちゃ!」とばかりに大急ぎで店を閉め、試飲がプチ飲み会に変身。

目の前にはドドーンと大黒正宗の一升瓶。そして旨い根室缶詰のアテ。
お互いお酒の注ぎ合いが始まる。アテも旨いのでどんどん進む。
もうここまで来たら止まる事を知らない。止まることがない!!

だんだんと田中さんのろれつが悪くなる。目もうつろになってくる!
アテもボロボロと口からこぼれ出した!

「田中さん、えらい酔うてはるんとちゃいますか?」
「お~、なんか気持よう酔うてきたわ~。」

今にも寝そうな田中さん。

「なんかめちゃくちゃ飲んでしもたような気がすんねんけど・・」との田中さんの問いに、ふと一升瓶を持ち上げてみた。

な!もう空ぢゃないか!
ということは!

8時過ぎから飲み出して、終了は12時前。
根室缶詰をパクパクとツツきながら旨い旨いと飲んでいた大黒正宗の一升瓶は見事に空っぽ。

4時間も経たないうちに2人で一升完飲。

「一升酒完飲」という人生お初の経験をし、私も非常に気持のいい酔い心地に改めて酔っていた。

「帰るわ~」と、田中さんはフラフラ~と自転車に乗り、家路に向う。
この調子やと、田中さんは帰りに絶対コケてるわ。

・・・そして翌日。
少々体がダルいものの、頭痛等の二日酔い症状が全く見られる事がなくいつもとおりブンブン仕事が出来、これまたエエ酒の威力に驚かされた。身をもって経験出来たこと、これは本当に良い酒を造ってくださっている蔵元さんに心から感謝だなぁ。
そして、一升酒を楽しく飲むことが出来た田中さんのオモロイトークにも感謝。

やっぱり酒は楽しく飲むのが最高だ!

以上、「大黒正宗一升4時間完飲物語」これにて終了。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-06 19:59 | Comments(6)
2005年 05月 04日

ビール。

ウチは酒屋。専門店でもなく普通の酒屋であると思っている。
で、当然酒屋なのでビールも置いてる。

そのビール、ある商品がドえらい支持されているのだ。
テレビCMなんぞしていないビール。



キリンのハートランドビール。
お客さんからは、「このビールは昔、大ブレイクしてんで~。」とか、「おぉ、オモロイビール置いてるがな」と、いろんな反響がある。聞いていて面白い。

あとは、環境に優しい「リサイクル瓶」というのが非常にありがたく、嬉しい。

美味しいビールというのは世の中にたくさんある。
日本酒だってそう。
日本酒というひとつの大きなカテゴリーの中に、地域性によって味わいが違ったり素敵な物語があって非常に面白いもんだ。

これだけしっかりと日常に根付いているビールのように、日本酒も家庭の食事の友として更に根付いてほしいと心から願っている。

偉そうな事は言える立場でもないけど、日本酒最高!!

(・・と、支離滅裂な文章ですんません。。)
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-04 18:07 | | Comments(0)
2005年 05月 03日

ミナミ。

昨日は定休日。夕方からミナミに行く。

ワタクシは「ミナミ」という異国の地に足を踏み入れるのは年に2~3回あれば上等。
そして今回のミナミは今年お初ではなかろうか?

ということでミナミのドコに行ったかというと、それがよく分からん。
テーマパークなのか何かのか、とりあえず入り口にでっかく「えべっさん」の顔がドーンとあるところ。

そこは非常に懐かしいというか、「昔の大阪はきっとこんなんやったんやろな~」という雰囲気で、いろんなご飯屋さんがあり、非常に楽しくなるようなところ。

2時間ばかりウロウロし、市内の酒屋さんが経営している立ち飲み屋でおでんをツツき酒を飲んで帰ってきた。

「ミナミ」という異国の地は、やはり異国の地やった・・・。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-03 16:15 | Comments(5)
2005年 05月 01日

無料にて・・・

棚を作った。
というか、厳密に言うと、棚を作ったのではなくて「棚を拾った」。

大型ゴミの日は宝の山であり、「まだまだ使えるものがあるはずだ!」とワタクシの凝視が始まる。そして先日、ふと置き場を見ると、おそらく植木などを置いていたであろう棚が捨ててある。

ん~、もったいない。かどやでどないして使えるのか分からんが、とりあえず再利用させていただこう。もし駄目だったらその時は処分しよう。

ってな感じで棚を持って帰ってくる。
この棚、もともと明るい茶色だった。色変更をするべく、「こげ茶」色の缶スプレーで塗装。
そして出来上がり。

無料でお酒の飾り棚が出来、まぁまぁ満足。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-05-01 10:45 | | Comments(9)
2005年 04月 28日

嵐の後の・・

今日は近所の小学校は遠足。
気持ちいいほどの天気に恵まれ、彼らはきっと思いっきり楽しんでることやろう~と。

遠足と言えば、おやつ。

「おやつは何円まで持って行ってもエエのんや?」
「150円やで。」

私が小学生の頃と全く変わってへんやないか。
まぁ、150円でそれだけ多くのお菓子を買うかが勝負やったし、それくらいの制限金額のほうが楽しい。

ということで、昨日の当店は予想外の子供ラッシュ。

実は隣町には子供達に大人気の駄菓子屋がある。
ウチの店なんか数も少ないし種類なんぞ話にならないくらい多いと聞いている。
本来なら子供達は、隣町の駄菓子屋にお菓子を買いに行くので、ウチにはそんなに多くの子供達が来る事はないはずだった。

それがどうも、隣町の駄菓子屋さんが休みやったらしい。
ダーッと襲いかかる子供達の波。
あれよあれよと訳の分からぬまま夕方に・・。

そして、ウチの駄菓子売り場は・・・ガラガラ。
[PR]

# by kadoya-sake | 2005-04-28 13:03 | | Comments(2)