<   2017年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 25日

「ブログ見てます」←感謝

やたらと不便な場所でやってる当店ですが、わざわざこんなところまで来ていただけてホンマにありがたいです。

さらに、「ブログ見てます」と声かけていただける方もいらっしゃって感謝感謝。
これはきっと、「誰もブログみてくれてへん」とスネているワタクシへの慰めもあるのかなとも思いつつ。


いろんな意見があると思うんですが、「ウチはネットを使わない」「ネット販売しない」「口コミで勝負や」っていう、ネット活用に対して様々な考えがある中、ウチは情報発信とかは積極的にwebを活用させてもらってます。

きっと上記のような思いを持ってらっしゃる同業者さんから見ると、ウチはマイナスの酒屋でしかないと思うんですが、でもこうやって「ブログ見てます」と、ブログを見てくれてるだけじゃなくて、こうやって実際に店舗でお会いできるひとつのきっかけになってくれているというのを実感する度に、webを通じてであっても「やっぱり人と人は最終的に会うことになるんやろな」と勝手に思ってます。



23年前に親父が他界して急遽私が酒屋の手伝いをせなあかんようになったんですが、その時は酒屋からコンビニへの改装中でした。


コンビニオープンしてから毎日、期限切れで廃棄処分になる弁当を毎日の食料とする毎日が続くのですが(8年間ずっと食べてました(笑))、コンビニオープンして2~3年後くらいに日本酒のオモロさにハマったんです。


この日本酒のオモロさを店舗で表現したいと思ったけど、店はコンビニスタートしたところ。
今までメインだった酒類は完全に「おまけ」になってしまい、日本酒を気合い入れたいと思ってもなかなか出来ない。


で、そこで出会ったのがネットでした。


当時、インターネット云々が言われ出してたけど全然普及してなくて大変やったんですけど、「コンビニでは出来ない日本酒に特化した店を、もしかしたらインターネット上なら出来るかも!」と思って必死でホームページとかを作り出したのが全ての始まり。


コンビニという店舗で出来ない事を、インターネット上なら好きなことが出来る。
どんどん発信したい!と思ってスタートしたウチのホームページですが、これまた全然うまいこといかんのです。

まず、パソコンが高い!
当時フルセットで確か30万くらいしたと思います。デスクトップで。

ネット回線もやたらと値段が高いし遅いし、プチプチ切れるし、今から考えるとありえない環境。

ホームページを作ろうにも訳分からん。
HP作成ソフトを買ってきて作ってみても、とにかくクオリティーの低い低いもの。

でも、ネット上やったけど「専門店」を出来る事が嬉しかったのを覚えてます。


少しですが、HPを見て店に来てくれる人があったんですけど、これまた試練で。



「ホームページを見て店に来たら、専門店だと思ったのにコンビニだった」という意見大多数。
そりゃそうですわ。愕然とした人多かったと思います。

コンビニしてる時から酒蔵巡りをしてたんですけど、蔵元さんに「ウチ、コンビニなんです」ってなかなか言えなかった。
自分のところの大事なお酒をコンビニに置いて欲しくないというのもあったと思いますよ。


それでもいろいろやりました。
コンビニやのに、本部の意見を無視して勝手に日本酒専用の冷蔵庫を店内にブチ込んで、日本酒を置きまくった。
世間では知らない銘柄のお酒ばっかりだったんで、これは試飲してもらわないと分かってもらえないと思って、コンビニやのに片隅に無料試飲コーナーを作ってみたり。

当時のバイト君たちに、「日本酒コーナーでお客さんから質問とかあったらすぐに呼んで!」と伝えて、真夜中だろうがなんか必死で説明してました(懐かしすぎる)。

店舗じゃ会話するのに限界があると思ったんで、別棟に倉庫があるんですけど、そこの2階を試飲ルームにしてみたりと、なんか分からんまんまいろいろやってました。


という事でウチにとっては様々な人たちとの出会いのきっかけにネットがありますので、これからも「皆さんと出会えるひとつのきっかけ」としてwebを通じていろんな情報発信をしていきますんでよろしくお願いいたします。


今日はワイン飲み会!
初のJAPANワインを出します。

楽しみです!



[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-25 12:31 | Comments(0)
2017年 03月 24日

3/25(土)ワイン飲み会に御参加の皆様へ

3/25(土)閉店後の当店店内にて開催しますワイン飲み会ですが。

御参加いただける皆様、覚悟していてください。

ちょっとだけ語ります(^_^)v

ワイン飲み会で語るのは初かもしれません。

ちょっと、頭の片隅でエエんで、知っててほしいことがありますので。


そして、今回はJAPANのワインを登場させます。

「味」云々を超えたところでお楽しみください。

d0033131_11320904.jpg
d0033131_11320283.jpg
d0033131_11315652.jpg
覚悟していてください。

d0033131_11321432.jpg
霞千本桜。
昨日お湯割りしてみました。

造り手・柳田さんの言うとおりやった~~!
「お湯8焼酎2」の割合でも全然伸びる!
こりゃエエわ。

今回の「霞千本桜」は、ちょっと蒸留方法に秘密があるらしいですよ。
蒸留方法が味を変化させる。

それを是非体験すべし。



[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-24 11:36 | Comments(0)
2017年 03月 24日

豊永蔵 6人のブレンダーによって完成させた、焼酎の域を超えたシェリー樽貯蔵蒸留酒

2016年12月中旬よりスタートしております焼酎プロジェクト。

大阪・北摂の飲食店店主が集まり、熊本・豊永酒造さんの協力を得て誕生したシェリー樽貯蔵蒸留酒。

d0033131_11144340.jpg


このシェリー樽貯蔵蒸留酒は6店舗の飲食店店主が自ら、豊永酒造さんの貯蔵蔵にて眠っている長期貯蔵原酒より数種選定。そしてそれらを更に自分たちでブレンド配合を決定して、完全なるオリジナルの味わいを作り上げました。

さすが飲食業に携わる6人の男たち。
飲食店店主としての味覚を存分に発揮。
まさしく彼らは「6人のブレンダー」。

d0033131_11171304.jpg

完成した蒸留酒を試飲した時、豊永酒造蔵元である豊永さんでさえ完成度の高さにジェラシーを感じてしまった程。


d0033131_11144864.jpg


「焼酎」というカテゴリーを超えた新たなるJAPANの蒸留酒を発信し続ける6人のブレンダーたちのアツい思いと快進撃は止まることを知りません。

このスペシャル蒸留酒は、実際にブレンダーとして参加した彼らの店舗のみで味わう事ができます。また、6店舗全てこの蒸留酒の提供方法が異なるので、それぞれの店を飲み歩いてみるのも楽しみのひとつ。

混み合っている事が多々あるようなので、もし来店の際は電話してから行くのが最善かと思います。


d0033131_11170735.jpg


★和DINNING春夏冬★
大阪市淀川区西中島4-5-4-1F
06-6886-5969

★串揚家 三文字★
茨木市沢良宜西1-7-22
072-633-0494

★日常酒飯事わこう★
池田氏石橋1-22-15-1F
072-763-3345

★炭火串焼 まるこや★
茨木市双葉町9-13-2F
072-637-5191

★焼酎BARいぐれっく★
茨木市西中条町7-2-4-1F
072-627-7570

★日本料理レストラン RAKU★
吹田市竹見台3-6-3
06-6871-8623





[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-24 11:17 | Comments(0)
2017年 03月 23日

花泉純米にごり 3年貯蔵酒

花泉 純米にごり

d0033131_19144986.jpg
蔵元3年熟成酒

d0033131_19141954.jpg
到着。

入荷本数極少量。

d0033131_19151917.jpg
今なら今期新酒との飲み比べも楽しめます。

週末はこの酒目指して当店へお越しくださいm(_ _)m



[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-23 19:17 | Comments(0)
2017年 03月 22日

伝言いろいろあるので、伝言を受け取りたいと思ってくださる方はご覧ください。

★伝言その1

当店のポイントカードをお持ちの方へ伝言です。
10ポイント以上たまってる皆さんへお伝えしたいことがありますので、よろしければ近日中に店頭に遊びにきてください。
コソコソ話がございます。


★伝言その2

d0033131_18242139.jpg

昨年12月よりスタートし、今月で一旦終了します日本酒頒布会ですが、春バージョン(4月~6月)の申し込み受付を開始しました。
この春バージョンは、当店別注酒はございません。

その時その時の旬のお酒や、蔵元さんの定番の酒なども含め、当店が今だからこそ是非味わっていただきたいと思うお酒をチョイスして毎月20日以降にお渡しさせていただく形となります。

今までは1800mlのみでしたが、今回より720mlコースもご用意。
詳しくは当店店頭に置いてるチラシをご覧ください。

説明は最近疲れてるスタッフ「すみこ」が怒濤の勢いトークにてご説明いたします。



★伝言その3


d0033131_18240342.jpg
お待たせいたしました。
ワクワクする芋焼酎が到着です。

宮崎・柳田酒造さんの春焼酎「霞千本桜(かすみせんぼんざくら)」。

到着してすぐ箱を開封して瓶を取り出すと、


d0033131_18241451.jpg
キャップが変更になってました。
これ、なんていうキャップでしたっけ。
なんとかっていう横文字やったんですけど忘れました。

d0033131_18240817.jpg
いい感じです。


早速試飲しましたよ。

「すみこ」は、「ほほ~、これは女性に勧めたくなってきた」と言っておりました。

当店にお越しくださる女性の皆さん、要注意です。

すみこと目が合ったら、確実に「美味しい芋焼酎があるんですよ~」と近寄ってきますよ(笑)

「霞千本桜」、本日より店頭販売開始です。



★伝言その4


d0033131_18224638.jpg

福島県会津坂下町「飛露喜」醸造元・廣木酒造本店さんの限定生酒「飛露喜 純米吟醸愛山」が驚く程少量入荷いたしました。
もともと本数が少ない酒。

酒米「愛山」を使った純米吟醸。
廣木さんはどんな思いでこの「愛山」を使って酒を醸してるんだろう。
今度、電話で聞いてみよう。

このお酒ですが、あまりにも少ない為に抽選販売という形で受け付けをさせてください。

3/24(土)より4/1(土)までの期間、店頭にて抽選販売受付を開始します。
詳細については店頭にてご覧ください。
お電話等でのお問合せは皆様にご遠慮いただいておりますm(_ _)m



★伝言その5


先日、ご縁のある卸問屋さんの試飲会に行ったら、「大阪の酒コーナー」がありました。
大阪の酒屋として、大阪の酒はずっと気になります。
私が初めて「あ、美味しい」と思えたお酒も大阪の酒でした。


大阪の酒屋が大阪の酒を販売するということって、ホント大事な事かもしれません。

期間限定ですが入荷しました。片野桜。

d0033131_18242932.jpg

速醸の純米生。

d0033131_18244011.jpg
山廃純米の生。山田錦使用。

d0033131_18250378.jpg
山廃純米の生で雄町バージョン。

d0033131_18251243.jpg


今日もありがとうございました。
まもなく閉店です。


最近近所のおばあちゃんがウチに「飴ちゃん」を買いに来てくれます。
酒粕を練り込んだ飴ちゃん。
美味しい美味しいと言っていただけてホンマに嬉しくなります。


明日もお待ちしております(^_^)v





[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-22 18:49 | Comments(0)
2017年 03月 22日

みんな大好き「菊鷹hummingbird生」3/24より店頭販売開始

d0033131_11045768.jpg

みんな大好き「菊鷹hummingbird生」がまもなく当店に到着いたします。
早くて明日、遅くても明後日には当店に到着する予定です。
到着次第店頭に並べます。
今週末には間に合いますので、皆さん週末は菊鷹hummingbirdを手にとってくださいませ。

遠方の方は発送もできます。
こちらからどうぞ。 http://kadoya-sake.ocnk.net/


そして、店内も春めいております。

d0033131_11054143.jpg

大那 春摘み新酒おりがらみ

d0033131_11053567.jpg
花見ロ万

d0033131_11050879.jpg
会津娘花さくら


全部飲んで欲しい気分です(^_^)v


d0033131_11053055.jpg
田酒山廃純米の今期最終入荷がありました。
店頭のみの販売で、無くなり次第販売終了。

d0033131_11052469.jpg
グレイスワインさんの軽快すっきり飲みやすいタイプ。
これはホント毎日のご飯と合います。

ワインが和食と合うかいな!って正直、思ってるところありました。

日本ワインは和食に合うっていうのもよく聞いてました。
そんなことあるかいな!果物の葡萄やで!
葡萄と米が合うんかいな!って思ってました。
実際にマッチした経験もあったんですが、どこかで認めたくない俺がいました。

でも、合います。
今までの俺は間違ってました。ホンマすんません。

d0033131_11051893.jpg
追手門学院大学日本酒プロジェクトのお酒。
秋鹿酒造さんが造ってくれた「MODERN」。

わざわざこのお酒を求めて当店に来てくださる方がいらっしゃいます。
本当に嬉しい限りです。

会話しながらお酒を購入していただけるっていいですね。

d0033131_11051354.jpg
昨年よりグンと入荷量が減ってしまいましたが、いいのです。
早瀬浦が早瀬浦で有り続けるのであれば。

見つけてくださった方は是非手にしてください。

d0033131_11050240.jpg
酒のブランドで酒を飲むのではなく、実際に試飲してみて、気に入ったら買ってくださいプロジェクト。
第四弾のお酒が変わりました。
また実際に当店にて試飲してみて、気に入ったらお買い求めください。

銘柄については、家に帰るまでのお楽しみ(^_^)v

頭で飲むな!体で感じろ!


d0033131_19110572.jpg
若波さんのマイクロ瓶。
ももいろのにごり酒。
ワクワク感満載。




[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-22 12:20 | Comments(2)
2017年 03月 22日

4/8(土)試飲会&飲み会の詳細発表!参加者募集開始しました!

ブログサボってました。
いや、誰もコレ見てないと思うんで全く問題ないかと思いますが(^_^)v


さて。
先日よりほんのり告知しておりました4月8日の店内イベントについて詳細決定しましたんでお知らせでございます!!!


まず、簡単に言いますと、昼間に店内有料試飲会をします。
参加費は500円。
ご参加の皆様には、おちょこを1つプレゼントしますので、そのおちょこでいろいろ試飲してみてください。
試飲会で使ったおちょこはお持ち帰りください。
おちょこ、1つ200円くらいのものですので、実質300円でいろんなお酒を味わっていただけます。

蔵秘蔵のお酒や当店秘蔵のお酒なども出品予定でございます。

あと、商品によっては量り売りできるものもありますのでお楽しみに!!



そして、当店閉店後の店内にて夕方より、飲み会をします。
参加費は1700円(3点セットをお持ちの方は1500円)。
酒のアテを数点お持ちください。アテ持ち寄りのスタンディングスタイルの飲み会になります。


で、今回の酒イベントは、今までとちょっと違うところがございます。

酒蔵の方が来てくれます!!


蔵の方からいろいろ話を聞きながら、いろんなお酒を味わってみませんか?

どこの蔵の方が来てくれるかというと・・


「田酒・喜久泉」西田酒造店の大木さん
「月中天」西野金陵の高橋さん(独身)


蔵の方にいろいろ聞いてみたい事、聞いてみてください!
話してみたい事、話してみてください!


★有料試飲会★

【日時】2017年4月8日(土)13時~17時(17時完全終了)
【参加費】おひとり500円(おちょこ1個プレゼント)
【内容】以下のとおり。

◇当日出品のお酒をいろいろ試飲してみてください(非売品もあり)
◇商品によって1800mlから720ml瓶へ量り売りできる商品もご用意いたします
◇量り売りご希望の方は洗浄した720ml瓶をお持ちください
◇瓶をお持ちでない方は100円にて新瓶を販売しています
◇試飲会当日限定の販売酒をご用意いたします
◇お口直しとして、田酒の酒粕を使用したお漬け物をご用意する予定にしております




★店内飲み会★

【開催日】2017年4月8日(土)
【時間】18時~19時30分頃
【会費】1700円(マイ箸・マイ皿・マイグラスの3点セット持参で1500円)
【飲む酒】当店秘蔵酒や蔵の秘蔵酒など10種類ほどを出品予定
【場所】かどや酒店 閉店後の店内 茨木市蔵垣内3-18-16
【お願い】酒のアテを数点お持ちください(手ぶら禁止)

田酒の酒粕を使用した特製のお漬け物も当店からお出しします~~(^_^)v



皆さんいかがでしょうか?
4月8日、ちょっと面白くなる感じがしませんか?

日本酒、今本当にたくさんの方に飲んでいただけているような気がします。
嬉しいです。ホントに嬉しい。
私が日本酒の世界の楽しさにハマった20年ほど前、こんな時が来るなんてこれっぽっちも思ってませんでした。
でも、こんな時が必ず来てくれるんだ!来るまで俺は発信し続ける!そう思ってました。

だから、ホントに嬉しいです。

日本酒ブームだと言われてますが、実はコレ、ブームじゃないってご存じですか?
毎年、廃業していく酒蔵さんがあります。
出荷量がどんどん減っている酒蔵さんがあります。

多くの人たちに支持されている蔵元さんはきっと、焼酎ブームといわれていた数年前の時も「俺たちも頑張るぞ」と、旨い酒を造り続けると決め、苦しい間も弱音を吐かずに努力してきた事が今、報われているんじゃないかと思ったりもします。


酒屋もどんどん廃業していってる現実があります。
だから、全然ブームでもなく安泰でもないんです。


日本酒の蔵元さんは今、どんなことをしているかというと、生産量を増やす為ではなく、今まで以上に旨い酒を造り続ける為に様々な事を考えています。設備投資もその中のひとつ。

増産ではなく、酒質向上の為に。

今これだけたくさんの人たちに飲んでいただけるようになった。
それにあぐらをかいていてはいけない。あぐらをかけない。
旨い酒を造り続ける。


だからこそ今、改めて日本酒の旨さを知ってください。

是非、試飲会や飲み会などを通じて、皆さんの日常の中に、今まで以上に「日本酒」をそばに置いてやってください。

酒は癒し。


ということで意味不明な事を書きましたが、皆さん4月8日(土)は是非ともお越しください。


エントリー方法です。

昼間開催の有料試飲会&量り売り大会は、基本エントリー無しの当日ゲリラ参加でもOKですが、おちょこの準備の関係上、もし可能であればエントリーしていただけるとありがたいです。

夜開催の飲み会は定員を設けておりますので、エントリーをお願いいたします。



昼間の「有料試飲会&量り売り大会」と、夜の「飲み会」共に、以下のアドレスよりエントリーを受付しております。

【エントリー受付】https://coubic.com/kadoyasake


もし上記よりエントリーできない場合は、072-625-0787 までお電話にてお名前と人数、そして試飲会と飲み会のどちらに参加希望かをお知らせください。


ではではどうぞよろしくお願いいたします!





[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-22 01:51 | Comments(0)
2017年 03月 19日

3月19日(日)20日(月)連休します!

3月19日(日)20日(月)連休します!
最新記事は以下にあります!



[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-19 06:20 | Comments(0)
2017年 03月 17日

3/25(土)ワイン飲み会します。

3/25(土)はワイン飲み会。

当店初の、国産ワインも登場します。


ワイン飲み会に興味のある方は以下のアドレスより。


なんかここ数年、酒屋がみんな国産ワインに走ってる感があったんで、「じゃあ俺はやらない」と、ずっと突っぱねてました。
でも興味はあったんです。

ウチがコンビニしてた時、もう20年以上前ですけど、その時に日本のワイナリーさんに連絡しまくってワインも買いまくって飲みまくって勉強しました。

まわりの人に「日本のワインをやってみようと思う」って言うと、完全に「何言うとんねん」と言われました。

その頃の事は忘れましたが、結果として輸入ワインの世界や国産ワインの世界には入る事はありませんでした。

で、この数年の国産ワイン。
全然飲んでませんでした。

試飲会とかにも行こうともしませんでした。

しかし、今は反省してます。

日本酒と焼酎。それらと同じ。
造り手の顔の見える日本のワイン。

先日試飲会に行って生産者の方と会いまくりまして。

面白い。
今まで突っぱねてた俺が悪い。

こんなにオモロい世界があったとは。


ということで、ゆっくりですが当店店内にもJAPANのワインが並びます。

そして必ず現地のワイナリーに行ってくる。

d0033131_19104353.jpg
d0033131_19102918.jpg
d0033131_19103619.jpg
d0033131_19105284.jpg

今日はこの4本のうち1本を飲み干してみたいと思う。


ワインじゃないけど、これが旨すぎる。
ワクワクする。

d0033131_19110572.jpg
若波酒造恐るべし。

d0033131_09425093.jpg
本日早速買いに来てくれた山本!
はやく無職を脱出しろよ!

ありがとなー!






[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-17 19:20 | Comments(0)
2017年 03月 17日

追手門学院大学日本酒プロジェクト 本日発売開始!

大阪府茨木市にある追手門学院大学さんの授業の一環で、米作り・酒造りを通じて地元である茨木市の人たちとのふれあいを大切にしながら作り上げていこうというプロジェクトが「追手門学院大学日本酒プロジェクト」。


日本酒を手にしてもらえるきっかけを作りたい。


そんな思いから、追手門学院大学の学生さんたちがお互いの意見を出し合い、どんな味わいだったら日本酒を楽しんでもらえるだろう?どんなラベルだったら手にしてもらえるだろう?どんな発信をすれば日本酒に目を向けてもらえるだろう?と、若者目線ですべてを決定し、完成させました。



学生さん自らラベルデザインをしました。
瓶の色も決めました。
味わいも、今回協力してくれた秋鹿酒造さんのお酒をいろいろ飲んでみて、「このようなタイプがいい」と決定し、蔵元さんにお願いをしました。



田植えも経験しました。
稲刈りも経験しました。
酒造りの現場も経験し、酒造りの厳しさなども体感しました。

販売についても彼らは意見を出し合っていろいろ決めました。


たくさんの人たちから意見をもらいながら、助けられながら、見事に商品化してくれました。



日本酒の原料であるお米は、大阪府茨木市の農家・伊東さんにお願いしました。

使用した酒米は、「山田錦」。

その「山田錦」は、大阪府能勢の蔵元・秋鹿酒造さんより分けていただいたものを大阪府茨木市にて栽培しました。

収穫した山田錦は秋鹿酒造さんに託し、秋鹿さんは素敵なお酒を造ってくださいました。



アルコール度数14度の原酒。
日本酒度は-10。
酸度は4.6。


数値を見ると「おぉぉ!」と驚くデータです。
甘酸っぱく、口当たり柔らかで、日本酒の新ジャンルと思うかのような味わい。
もしかしたらワイングラスがとっても似合うかもしれません。


学生さんたちの思いがたっぷりと詰まったお酒「MODERN 純米無濾過生原酒」。


d0033131_09425093.jpg



日本酒を飲んでもらえる「きっかけ」になってもらいたい。
学生さんたちが世に問う酒「MODERN」を是非とも味わってみてください。

d0033131_09430261.jpg
もうひとつ、「きっかけ」というお酒もあります。
こちらは火入れをし、秋鹿酒造さんで少しの間熟成させてから6月頃のお披露目予定となっております。


「MODERN」本日より店頭販売開始。
遠方の方は全国発送もしております。




[PR]

by kadoya-sake | 2017-03-17 10:09 | Comments(0)