大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 27日

大阪!

d0033131_17110334.jpg

さすが大阪!
たこ焼き食べ放題のマラソン大会!



[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-27 17:10
2016年 02月 27日

2/27(土)のかどや。池月・三岳・たかたろう・豊永蔵超にごり・寫樂

ええ天気です。
まさしく「かどや日和」です。
皆さん、18時までお待ちしておりますーm(_ _)m


今日は朝からいろいろ入荷しております。
先日入荷した焼酎も陳列完了しております。
d0033131_18513264.jpg
「たかたろう25度」は、奄美・喜界島かた到着。
醸造元の朝日酒造さんの中で唯一減圧蒸留(すっきり仕上がるタイプ)の焼酎で、原料はサトウキビ(ラム酒と同じ原料)。
10年以上の貯蔵熟成を重ねて、900mlで1180円(税込)。

なんじゃそりゃー!それでホンマにエエんですか!という価格。熟成期間でどんどん変化していった「たかたろう」。
グラスに注いだ時に広がる香りにおそらく皆さんニヤっとするんじゃないですかねー。


クドいくらいに紹介している「豊永蔵 常圧超にごり」。
原料はお米。
そうなんです。熊本は球磨焼酎と言いまして、お米を原料にして焼酎を造る文化があります。
お米!といっても、飲むとホントいろんなバラエティー豊かな味わいがありまして、この「超にごり」は、あくまでたくさんある中のひとつのジャンル。

蒸留してからボトルに詰められるまで様々な行程があるんですけど、その行程のほとんどを完全にすっとばしてそのまま瓶に詰めてしまいました。

簡単に言うと、蒸留したて・しぼりたて。
旨味も満載すぎなんです。

きっと皆さんあんまり米焼酎を飲まれたご経験ないかもしれませんが、味しっかり系の麦焼酎や芋焼酎を既にご体験されている方、是非とも当店にてこの「超にごり」を試飲してみてください。

先入観は必要なし!

向き合ってくれ!
そして感じてくれ!
間違いなくビビるから!


あともう1本。屋久島から到着「三岳 原酒」。
今まで店頭に並べる事があまりできなかったけど今日から完売まで並べることが出来そうです。
1本2571円(税込)。どうぞよろしくお願い致します。


今ダッシュでパソコンのキーボードを叩きまくっているんですが、しもやけで指が曲がらないので打ちにくい打ちにくい!


そして朝から入荷のこちらの日本酒。

d0033131_10535381.jpg
会津「寫樂」の純米吟醸定番火入れが入荷しました。1800mlと720mlの2種です。
あと現在、「寫樂」は「純米生」「純米吟醸播州山田錦」を店頭販売しておりますが、残りが非常に少なくなってきました。

なんか最近よく聞くのが、「寫樂を飲んで、飲めなかった日本酒が初めて美味しいと思えるようになった」という言葉。
これはホント嬉しいです。
日本酒の入口に「寫樂」があって、ここから様々な造り手さんの日本酒を飲んで頂ける。
ん~、酒屋ってオモロいです。ホンマ嬉しい!


そして、実は当店にて隠れた定番といいますか、10年以上も多くの人のハートをぶち抜いている酒があります。
今まであえて紹介してなかったですけど、ここで改めてご案内。

d0033131_10540898.jpg
能登半島にある小さな蔵「池月」醸造元の鳥屋酒造さん。
特にマスコミに出る事もなく、知る人ぞ知る酒として特に地元(金沢など)で愛されまくっているお酒です。
本日、普通酒・本醸造・純米の3種が入荷しました。

個人的にはどの酒も、燗するとひっくり返るくらいに旨いんですよねー。
例えば、ウチの最寄り駅「JR千里丘駅」からダッシュして1分33秒のところにある「居酒家かっしゃん」では、「燗酒ください」というと、黙って「池月 本醸造」が出てくるという、とんでもなく至福なのでございます。

「居酒家かっしゃん」店主の柏木さんは、

「この酒だけはこれからもずっと外せないな。永遠にウチの定番だ」って言ってます。

分かる。ホンマに分かる。池月の燗を経験したことがあるかないかで日本酒との向き合い方が大きく変わるんじゃないかというくらいに一度は経験すべき酒ですね。


と、非常に長くなりましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。


今日はかどや日和ですよ!







[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-27 11:04
2016年 02月 26日

土曜は焼酎フェス!

d0033131_18513264.jpg

よろしくお願いいたしますm(__)m




[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-26 18:50
2016年 02月 26日

平成15酒造年度に造られたお酒「大黒正宗12年古酒」

しもやけの悪化が激しいです。
久々に指が芋虫状態になっております。
春なのに。

さて、なんともスゲー酒が解禁になっております。

d0033131_11580329.jpg


神戸・灘の男前「大黒正宗」さんより平成15酒造年度に造られたお酒を12年もの間、低温貯蔵庫(5度)にて貯蔵熟成させていたお酒が解禁になりました。

皆さん、12年前って何してました??

私は31歳。
コンビニから酒屋に戻って2年目。
窮地に立たされてた時ですね(^_^)v
独身だったから良かったかな。

あの頃は若かった・・・。


このお酒、凄いです。
でも蔵元さんが非常に控え目なんで、あんまりスペックを酒に書いてません。

でもこの凄さを知って欲しいから私はあえて書きます。

★兵庫県産特A山田錦を使用
★58%精米
★吟醸造り
★米アルコール使用
★12年貯蔵(5度の温度帯で)


まあ飲んでください。
そして、ぬる燗から楽しんでみて下さい。

ひっくり返りますから(^_^)v


現在店頭にて試飲していただけます。
週末は12年古酒をどうぞ。


あ、そうそう。

同じ時期に造られた同じ酒を当店にて常温熟成させてたお酒も解禁しております。

貯蔵温度でこんだけ違うのか!と楽しんで頂ける飲み比べを私はお薦めします-!

d0033131_12033996.jpg
写真みてもらったら分かると思いますけど、ラベルが違うでしょ。

右側の酒はラベルも貼られた状態で当店に入荷してきて、その状態で常温熟成させたお酒。
左側の酒は、瓶で低温貯蔵させ、出荷前に蔵のほうでラベルを貼って出荷されたお酒。

ラベルに記載されてる出荷年月日も異なりますが、間違い無く同じ酒でございます。
やっぱり酒を熟成させる環境で違いがはっきり出るんですねー。オモロい!!!


遠方の方は地方発送も可能です。





[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-26 12:07
2016年 02月 25日

地元で、地元の蔵元さんと酒屋さんが発信している日本酒「小沢の桜」

d0033131_16283820.jpg
「あぶくま」を醸す玄葉本店さんから、蔵のある地元のみで流通しているお酒を限定的に分けて頂きました。

福島県田村市船引。
この地域にある「あぶくま」醸造元の玄葉本店さん。

そして同じ船引に、「小沢の桜」と呼ばれる1本のソメイヨシノがあります。
いろいろ調べてみると、ソメイヨシノって長くても70年~80年なんですって。
ん~、すげー。

ここからは想像ですが、この樹齢100年を越えていると言われる「小沢の桜」に地元の人達はたくさんの元気を貰ってるのかもしれませんね。2011年に震災を経験し、今もなお春になると咲き誇る「小沢の桜」。

実際に見てみたいなー。


そしてこの酒は、地元で栽培された米を使用し、地元の水と地元の人の手で醸された酒を地元の人達で販売していこうということで誕生した酒だと聞いてます。

そんな貴重なお酒を今回、玄葉さんのご厚意で分けて頂く事になりました。

飲んでみてください。是非とも。


もうすぐ3.11。
私の中で、あの時の記憶は今もシャレにならないくらいに覚えています。
いいのか悪いのか、あの時の新聞は全て置いてます。
蔵元さんに電話しまくりました。知り合いの酒屋さんにも電話しました。
あ~、思い出すだけで涙が出そうだ。


ということで、地元の人達がこの時期に必ず飲む酒「小沢の桜」を本日より店頭販売いたします。
基本720mlとなります。ご了承ください。

また、遠方の方には地方発送も可能です。


[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-25 16:36
2016年 02月 24日

痛い。

痛いです。
悪化しているしもやけ。
悪化しているあかぎれ。
もう最高潮です。
痛すぎです。
自他共に認める「ワタクシの愛想の悪さ」と共に悪化しております(^_^)v


さて。
まだまだ寒いですが気分は春。

d0033131_12494886.jpg
先日より店頭にて御予約受付スタートしました春の酒「会津娘 花さくら」。

純米吟醸のうすにごりタイプ。
毎年ワクワクするくらいに楽しみです。
とにかく楽しみです。

写真を見ても分かってもらえると思うんですけど、まあ「春」。気持ちがいい。
早速店頭にて御予約も頂戴しまして本当に嬉しい限りです。有り難うございます。

引き続き、体調不良の「すみこ」が私とは真逆の【満面の笑顔】で受け付けてくれますのでどうぞよろしくお願い致します。


今日は久々に夜の町に出ます!
最近は22時には寝てるので、22時以降に睡魔が来ないかどうかが心配だ!



[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-24 18:18
2016年 02月 23日

店内模様替え!

日曜日。
たくさんの方にお越し頂く事ができました。
本当にありがとうございました。


その日曜日。
ちょっと時間が出来たんでボーッと店内を見ていると、急に模様替えをしたくなりました。

そして、夜な夜な作業。
完成しました。

かどや酒店
マイナーチェンジ完了


えらい店内が広いです。
並べるお酒の数は多くなってるんですが、今までで一番広いかも。

テーマにしていたスタイルは、

「壁全面に商品を」

皆さん、是非とも見学にお越しください。

2/23~店内見学会実施

いつでも見れますけどね。


実はしばらくワタクシ、「壁にぶち当たっている最中」でございました。
ま、今もなんですけど、ちょっとスッキリしたかな。


今回のマイナーチェンジで、店内おそらく40人は入れますね。
次はつり革をセッティングしたいと思います。

飲み会連発できます。
試飲会連発できます。


今まで当店に欠けていたテーマを少し解消できるかも。

どうぞお楽しみに!




[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-23 00:44
2016年 02月 21日

春の酒「会津娘 花さくら」予約受付を開始しました!

d0033131_12494886.jpg
春の酒「会津娘 花さくら」。
Facebookを見ていると、梅の花が咲いた!といった画像をアップされてる方がいらっしゃいまして。

いやー、春がやってきますねー。
毎年の事なんですけど、なんか気分がいい。


春と言えば私は「会津娘」を思い出してしまいます。

いつも3月下旬に出荷開始になる「会津娘 花さくら」。
純米吟醸のうすにごり酒。

お花見に行った時、このお酒をグラスに注いで桜の花びらを浮かべて飲んで欲しい。


予約受付開始しました


もう一度言います。



予約受付開始しました



webと店頭にて受け付けを開始しました。
本日はワタクシが店頭にて受付いたします。

23日の火曜日からは、是非「すみこ通し」で御予約をお願いします(^_^)v

2/23~2/27
会津娘 花さくら
すみこ集中予約受付WEEK



入荷予定数量に達し次第受け付け終了となりますので、お早めにお声がけ下さいね!

「どうせ予約せんでも大丈夫やろ」と思っている貴方!


油断大敵ですよ!

出会いは一期一会!
その時その時を大切に!

会えるのか会えなくて後悔するのかは貴方の決断にかかっております!

出荷開始を前に予約完売になってしまっても恨みっこなしですよ(^_^)v


春の訪れを是非「会津娘 花さくら」と共に!

遠方の方につきましては、webのほうから予約して頂けるようにしております。
地方発送も可能です。







[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-21 13:00
2016年 02月 21日

喜久泉 吟醸

d0033131_10100297.jpg
いやー、昨日は非常に静かな1日でした。
えらい風は吹いてるし、雨はやまないし、言い訳ばかり並べても仕方がないんですが、結論のところ「雨や風に負けないくらい、まだまだ『かどやに魅力がない』」ということですので、しっかり反省したいと思ってます。。。


ただですね、たまにはこういう時間も大事でして。

時間を使って、いろんなお酒を改めて試飲してました。
4月で当店に乗り込んできてくれて1年、シークレット感満載でアピールしておりましたが、どんどん顔バレでシークレット感がなくなってきた当店スタッフ「すみこ」と、再確認の為に幾つかの酒を開封して酒と向き合ってみました。


例えば昨日、神戸の大黒正宗さんから蔵内貯蔵庫にて12年間、5度の温度帯でずっと瓶貯蔵していたお酒が当店に入荷。
そして、当店常温貯蔵庫にて12年間貯蔵していた、同じ年度の「貯蔵方法違い」のお酒を飲み比べてみました。
オモロいですねー同じ酒でここまで違うと。

それから、これはブログとかに書くのはやめとこかと思ってたんですけど、青森・西田酒造店さんの「喜久泉」ブランドが実は凄すぎるってこと、ご存じですか?

d0033131_10302377.jpg

これ、あまり知られてないことなんですけども、コストパフォーマンスがめちゃくちゃ良くて、かなりイケてます。

すみこ、実はこの「喜久泉吟醸」を飲んだ事なくて、せっかくなんで開栓して飲んでもらったんですけど、なんか訳の分からない雄叫びをしてましたよ。「おいしぃ~!好みやわ~」って。

「華想い」っていう青森県産のお米を使って、吟醸酵母を使って。
香りも華やかすぎずで心地いいライン。
ワイングラスなんかで飲んでしまうと、ちょっとヤバいかも。
案外洋食にもマッチしてくれます。

「喜久泉吟醸」は1800mlのみの商品で入荷量が毎月極少。
もし店頭で見つけてくれたら是非とも一度試飲して欲しいお酒ですね。

個人的にこの酒の720mlがあると、テーブルに気軽に置けて毎日の食卓をワンランク上にしてくれるんじゃいかと思ったりもしてます。


ということで、昨日は当店の魅力の無さのおかげでいろいろ試飲できて「再確認」という勉強が出来ました。

さて。
本日21日の日曜は天気もほどよくエエ感じ。
出掛ける人も多いでしょうけど、どっかに行くついでに是非当店にも遊びに来て下さい。

18時までやってますー。

あ!
3/5(土)に開催します久々の飲み会、エントリー受付中でございますよ!


【日時】2016年3月5日(土)18:00~20:00
【場所】かどや酒店の閉店後の店内にて
【ルール】酒のアテを2~3品お持ちください・立ち飲みスタイル
【酒のジャンル】日本酒と本格焼酎
【出品酒】順次ブログ等で発表しますー!
【会費】開栓した酒をみんなで割り勘

★泥酔禁止
★禁煙
★大声・暴れ・破壊など、人に迷惑を掛ける行為は即退場です(笑)そんな人いませんけどね(^_^)v
★子供に見られても恥ずかしくないモラルあるスタイルで酒を楽しみましょうー


【エントリーフォーム】http://form1.fc2.com/form/?id=c1a69f04b3503645





[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-21 10:29 |
2016年 02月 20日

早瀬浦 純米吟醸“越の雫”

d0033131_14252411.jpg

“越の雫”ファンの皆さん、大変長らくお待たせ致しました!
昨年度人気だった「早瀬浦 純米吟醸“越の雫”」が到着しました。

例のごとく早速試飲。

香りはキリリとした辛口を想像しそうです。

口に含んだ瞬間はライト感を感じるんですけど、空気に触れれば触れるほど旨味が出てくる。

やっぱり旨いぞ早瀬浦!

やや辛口系の優しい旨味を感じる酒。
食を邪魔しない、心地よい食中酒として本領発揮しそうですね!


当店がご縁を頂いている蔵元さん全てそうなんですけど、三宅さんの酒はいつでも安心できる。

毎年、気温も違うし米の出来も違うし、酒の味は毎年違って当然。
そんな中、「今年の早瀬浦」をそれぞれのカテゴリーで表現してくれるので、毎年毎年のその時の酒を味わうのが非常に面白くてワクワクします。


きっと飲食店をされている料理人の方も一緒でしょうね。
その日その日に仕入れる食材が、毎回同じではないはず。

今日入荷した食材のコンディションを見ながら、どの味付けにするのがベストなのか、どの料理の材料として使うのがベストなのか、きっと毎回違うと思うんですよねー。(間違ってたらすんません)

なので私の中では勝手に「酒の造り手と料理人は同じ職人」みたいなものを感じてて、その時のベストをどう尽くすかを懸命に探ってはるんやろなーって思うんです。


その時の「酒の味」には、全て理由があるんですよねー。
だから、もし可能なら、一期一会で出会える今年の酒の味の向こうにあるいろんな風景を想像しながら味わって欲しい。
私はワガママですがそんな思いを持ってたりもします。(まあそこまで考えながら飲まんでもエエかもしれませんけどね)


ということで、旨い酒「早瀬浦越の雫」、開封してますー!
是非今年の味わいを堪能してくださいー!

遠方の方は地方発送も可能です。

http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/30




ちなみに余談。
3/5(土)開催の飲み会、だんだん埋まってきましたよーーー!
気にしてくれてる方がもしいらっしゃったらお早めにお声がけ下さいーーー!





[PR]

by kadoya-sake | 2016-02-20 14:40