大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 30日

九州訪問。

月曜日、鹿児島と宮崎に行ってきた。
ずーっとお付き合いさせていただいている、鹿児島の「さつま国分」「いも麹 芋」製造元の国分酒造さんと宮崎の「駒」製造元の柳田酒造さん。

飛行機に乗るのが久々。
案の定、金属探知器に「ピー」と引っかかる。
ワタクシに注がれる目は冷たい・・・。

鹿児島到着!
国分酒造の笹山さんと会う!元気そうで嬉しかった!
国分酒造に到着して、蔵の方々と会った!
みんなやっぱりとても元気だった!杜氏の安田さんも!

d0033131_13243179.jpg
プクプクと大きくなったコガネセンガン達は続々と蒸されて仕込みに使われてた。
発酵中のもろみもエエ香り~!蒸留したての焼酎も旨い~!
さっすが国分酒造さん!

新兵器の芋蒸し器も拝見。おぉぉ、すっげー。

一番嬉しかったのはやっぱり、国分酒造さんでお仕事をされている人たちはみんな温かい!
ホント、嬉しかった。

d0033131_1330114.jpg
蔵見学をさせていただいた後に柳田酒造さんに向かう。
長いお付き合いだったのに、今回蔵を訪問させていただくのははじめて。
柳田正さんと奥さんに会う。
めちゃくちゃ熱心に頑張ってはる焼酎人。

いろいろ話していて気が付いた事がある。

この夫婦は、『人』が好きなんやな、と。
それも、かなりね。

そして晩は国分市内の居酒屋さんで、笹山さんと柳田ご夫妻と僕の4人で飲む。
これがまた楽しい楽しい!
造り手さんと会う事の大切さ、人と会う事の大きさを実感した月曜日!

そして今日は朝5時に起床。
ビジネスホテルから笹山さんに空港まで送っていただき、9時には大阪に到着。
(笹山さん、本当にありがとうございます!!!!!)

ということで現在は、かどや酒店にてたまっている仕事をダーっとやっている最中。

いやぁ、今日からまた頑張るど!
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-30 13:33 |
2005年 08月 28日

やった!渡辺!大黒!強いぢゃないかガンバ大阪!

昨日はガンバ大阪の夏祭りがあり、そのお手伝いに。
午前中に準備に行って、しばらくして店に戻ってきて仕事。
で、夕方からまたお手伝いに参上。

お祭りも終了し、7時からは万博競技場にてガンバ大阪VS横浜Fマリノスの試合を観戦。

ウォォォォォー!3-2で勝利~~~~~!!

15番の渡辺が2発のゴール!そして大黒も!
合計3点!

東京よ、鹿島に勝ってくれ!と祈ってたら、東京が勝ってくれた!
首位の鹿島に勝ち点1に迫ったガンバ!こりゃオモロイで~!
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-28 16:14 | ガンバ大阪!
2005年 08月 28日

模様替え。

模様替えをした。
久々である。

前回の形の店内に結構気に入ってたんで、長いこと模様替えしてなかった。

で、どうして今回模様替えをしたのか?

・・・。
「飽きた」から。

この形がエエのか悪いのかは分からないけど、とりあえず営業終了後に5時間かけてやってみた。

d0033131_13431825.jpg
d0033131_13433939.jpg
d0033131_13435355.jpg

d0033131_1344367.jpg






写真では雰囲気がわかりにくいけど、そんなに変わってない・・・。

まわりの人はあんまり気がついてくれへんけど、やっぱり雰囲気を変えるというのは、不思議と毎日の店での仕事が更に楽しくなるもんやな~と実感。

常に進化せねばっ!!!
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-28 13:49 |
2005年 08月 28日

団扇。

団扇。

「うちわ」と読みます。
私はアホなので、読み方知りませんでした。
これを期に、少々勉学もよろしいかと。

d0033131_1337155.jpgKさんから、柿渋を使った団扇をいただいた。
ほっほー、なかなか風流でよろしいでんなー。

団扇って言うたら、いろんな広告とかが入った、プラスチックのショボショボ団扇しか思い出さへんが、この柿渋団扇は雰囲気が違う。

ん~、日本の伝統文化っちゅうもんはエエもんやのー。
手作りってエエもんやわ。

効率化はかってドンドンものを作るのもそれはそれでイイのだろうが、伝統ある文化をどんな形であれ残していくというのは本気で大事やと思う。

日本酒文化もそう!
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-28 13:38
2005年 08月 28日

花火。

今年の夏に見た花火。
何年ぶりに花火を見に行ったやろか・・。
おそらく中学生時代以来。
d0033131_13181234.jpg

缶ビールを飲みながら、焼き鳥食ってたこ焼き食って。
なかなかエエ感じや。
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-28 13:18
2005年 08月 19日

バンドマン。

17日の出来事。

外は土砂降りの雨。
閉店時間になったんで、そろそろ閉めようかとゴソゴソしてたら、ウチの店の外で雨宿りしているベースギターを持ったひとりの兄ちゃんが。

今からスタジオに行って練習しようと思って家を出たんやけども、急に雨が降ってきたから雨宿りしているという。

「まぁまぁ店に入りぃや」って言うて、雨が止むまでウダウダ1時間ほどしゃべる。

いろいろ話をしてたら、メジャーデビューを目指して頑張っている25歳の兄ちゃんだということが分かった。

いろんなバンドの話をしたり、乗っている単車の話をしてたりしたんやけども、最後に兄ちゃんが、

「僕、日本酒大好きなんっすよ」と。

「嬉しいなー!絶対にデビューの夢叶えてや!!」

・・・とかなんとか言いながら、互いに「頑張ろうな!」と意気投合し、今度彼のバンドのCDを聞かせて貰うことを約束し、逆に1本の素敵な日本酒を飲んで貰うことも約束した。


酒屋やってて思うんやけども、いろんなところで出会いってあるもんやなぁって。
バンドやってる兄ちゃんの場合やったら、ウチの前を彼が単車で通りかかって、その時にダーっと雨が降ってくれた。それで、雨宿りしてくれたからいろんな話をすることが出来た。

雨を降らしてくれた通り雨に感謝やね。
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-19 13:09
2005年 08月 17日

お盆休み終了。

14日から16日まで夏休みをもらった。
どっかに旅行にでも行ったかというとそんなこともなく・・。

14日はお酒関係で京都へ。めちゃくちゃ楽しかった。
15日は朝から晩まで大掃除。
店の2階でひとり生活をしているのだが、やはり男ひとりの部屋というものは無様なもの。

「ザ・男のひとり暮らし」そのもの。

ジーンズも脱いだら脱ぎっぱなし。いつから洗濯していないのか、洗濯機の中はパンパン。
風呂も、シャワーしか浴びてへんから浴槽には汚れがコッテリついている。
飲み終えた日本酒の瓶やビール瓶。飲めば飲むほどあふれてくる。
洗い物もそのまま・・・。あぁ情けない。

ということでそれらを一掃。
洗剤とかいろいろなものをホームセンターにて購入。
ただいまウチの部屋は、「ザ・男のひとり暮らし」脱出。
なかなか美しいゼ。

で、16日は少し営業。店あけた。
しかし!


見事な程に開店休業だった為、そそくさと閉店。
またまたホームセンターへ買い物。

買い物かごを持って店内をウロウロしたら、よう知り合いに会った。
「お盆やのに、ひとりで買い物かい!」と。

ほっとってくれ。

買い物終了したころに、宮城県でデカい地震があったことを知る。
大急ぎで東北方面の知り合いに電話。
大きな被害もなく、ひと安心。

それから家で焼きそばを作り、テレビを観る。
夕方前にちょっと用事があったから、近所に出掛けた。

という訳で、ワタクシの貴重な夏休みは終了。
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-17 12:55 |
2005年 08月 13日

帰ってきた!

昨日、仕事が終わって用事があったので出掛けた。
で、店に戻ってきて、ふと珍客であるカブトムシの簡易寝床を見た。

そしたら!


お!帰ってきたのか!おまえ、どこに行ってたんや~!

なんと!そこには昨日行方不明になって捜索をしていたカブトムシの「うなぎパイ」が居るではないか!元気よく砂糖水を吸うとるじゃないか!

ということで一件落着。
捜索願いも取り下げ、彼には今日蜂蜜をあげることにしよう。

d0033131_9142184.jpg

[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-13 09:14
2005年 08月 12日

いない!!

当店にお越しくださった珍客、カブトムシの「うなぎパイ」がいない!
えらいこっちゃ!

いま、きっと店の中で「どこやねん、ココ」と思いながらウロウロしてるやろう!
ただいま捜索中!

はやく出てきたほうがエエど!腹減るやろうし!
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-12 10:04
2005年 08月 11日

郵便局。

振込をしようと思って郵便局に行った。

今、政治等で賑やかな郵政問題。総選挙となり、郵政民営化について世に問うという小泉氏。
ワイドショー等でずっとやってるから、私もずっと観てる。

で、振込に行ったのだが、その窓口に居てるにぃちゃんが非常に愛想がない。
自分の番号が呼ばれたので窓口に行くと、受け皿を無言で出されるだけ。

「お願いします」

ひとこと声をかけて、しばらくすると「かどやさん」と呼ばれた。
そしたら、受領証が置かれた受け皿を無言で出される。

その間、窓口のにぃちゃんが発した言葉は「かどやさん」だけ。

別に「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございました」と言って欲しいのではないけど、その言葉があるか無いかでは人の気持ちとしては雲泥の差がある。

あんまりこんなこと言うのは好きじゃないんやけども、あまりの態度にとても気分が悪くなった。近くにその郵便局以外に郵便局があるのなら、自分ならそのにぃちゃんの居る郵便局には絶対に行かないやろうなぁ。

今後もし民営化になって現在の郵便局以外に何らかの形で受付窓口が増えたりしたら、このような態度を知らず知らずにとってしまう人の居る郵便局は一般の人たちには受け入れられる事なないやろうと僕は思う。

もっというなら、その郵便局で働く人たちが互いに注意し合うのがいいと思う。

でもでも。

僕は彼に感謝している。ありがたいなぁと思った。
自分も店に立ち、お客さんと接する立場の人間であるので、このような事を経験すると、「お客さんに対してこのような事の無いよう気を付けよう。身をもって教えてくれた郵便局の局員さん、ありがとう」と思う。

自分も含め、人は「感情」を持ってる。
「切手を買いたい」「お酒を買いたい」といった目的を持って店に行くんやろうけど、その『目的』以上に大切なものが「感情」の中にはあるような気がする。


僕はいろんな事を人に教わった。今も教わってる。

「あの店に、あの人が居るから行こう!」
「あの店に行くと、ホンマ気持ちエエよな」

そう思ってもらえる店つくり、自分つくりをしたほうがいいよ。と、自分にとって大切な人にそう教えて貰った。それで自分もそうなりたいと思っている。

だから今回の郵便局での経験は自分にとって非常にありがたい経験。
郵便局の局員さんに感謝。
[PR]

by kadoya-sake | 2005-08-11 11:44