大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 10日 ( 1 )


2017年 05月 10日

前回の記事に反響頂きありがとうございました。そして入荷酒など。

前回のブログ記事に驚く程たくさんの皆様に読んでいただき、本当にありがとうございます。


(前回のブログ→http://kadoyasake.exblog.jp/24154441/ )


飲酒については様々な意見があると思います。
あって当然ですし、本気で議論しなくてはいけない非常に非常に大切な事です。


酒と健康の事も大事。
健康こそ嗜好品の酒を楽しむ事ができるんですから。
酒で体を壊してしまうとこれまた大変。


酒を飲む事で、いいも悪いも何がどうなるのか。
本気で考えないと。

酒は本来、適量楽しむ事で人と人とをつなぐコミュニケーションツールのひとつにもなったり、人を笑顔にしたり、場を和やかにしたり、健康面でも血流を良くしたりなど、プラス要素がここには書ききれないくらいたくさんあります。

ただ、そうじゃないこともある事を忘れてはいけない。


繰り返しになりますが、許容範囲を超える飲酒によって泥酔してしまうと、結果として人に迷惑をかけてしまう事が本当に多い。
人生が台無しになってしまうことだってある。
命だって落としてしまう事だってある。


酒に関わる者は、酒を売る事だけを考えるんじゃなくって、限度を超えると危険なんだということも一緒に発信しないといけない。

「酒の危険なところ」も発信するということは、酒に関わる者が泥酔している場合じゃない。酒に関連した事全てにおいて見本にならないといけない。(←昔、泥酔してしまった事に猛烈に反省。反面教師です・・・。)




「19歳の酒」という企画をやってます。

成人前の19歳の時から田植え・稲刈り・酒造り体験をし、自分たちが携わった酒で20歳の乾杯をしよう!という企画です。
これ、単に「経験しましょう~~!」っていう事だけをやってる訳じゃないのです。「酒の飲み手を増やす」というだけ発想ではないのです。



学生さんたちがコンパで一気飲みし、命を落とす事故が今でもある。

だから、酒と初めて出会う20歳の時に、1年間を通じて様々な事を経験してもらえたらと思ってるのですが、そんな経験をしていただける中で、お酒は楽しい事ばかりじゃないんだ。「酒との向き合い方」「酒との付き合い方」「酒の飲み方」「酒の危険」「飲酒運転の危険」「人の命をも落としてしまう危険さ」もあるんだということを20歳の時から学び、体験してほしい。更に言うと、「19歳の酒」という企画で経験した事を同世代のみんなにも機会があるなら伝えて欲しいし、酒との向き合い方の模範になって欲しい。

そんな思いもしっかりと込めています。

それらを100%完璧に出来ている訳ではないのですが、私たちが成人してから経験してしまったたくさんの「酒での失敗」も教訓にし、それを彼らに知ってもらう事だってすごく大切な事だなと思います。


だから酒を経験したことがある大人は、若者たちのお手本でなくてはならない。

道端で泥酔して寝ている姿を若者が見てどう思うだろう。
もしそれが自分の親だったら?泥酔しているのがあなた本人だったら?

酒を飲んで平気で車に乗って、万が一事故を起こしてしまったら?
物損事故だけじゃなく、万が一相手の命を奪ってしまう事になったら?
大切な人が飲酒運転の車に命を奪われてしまったら?


家族を持つようになって今まで以上に「ちゃんとしないといけない」と思うようになりました。
正直それまでは「大丈夫やろ。捕まった事ないし」という考えで若かりし頃に平気で運転していた私もいました。
家族の事、迷惑かけてしまうたくさんの人の事を考えると・・怖い。
(それでも1年前に、飲酒ではないけど深夜の一般道でスピード違反で捕まった私はまだまだ反省がたりない)


当店では試飲をしてお気に入りのお酒を見つけていただけるようなスタイルにしてます。

正直、試飲程度では車に乗ってもアルコールは検知されないでしょう。
でも、そこはモラルです。大人としてのモラル。守る事は守らないと。

だから必ず「今日は車の運転は大丈夫ですか?」と聞きます。
分からないところでもしウソをつかれたら、それはもうお手上げですけど。


酒にまつわる事故などがなくならない限り、きっと今後確実に「酒」というジャンルも規制されていくかもしれません。


ということで、前回のブログたくさんの方に読んでいただき本当にありがとうございました。
いろんな意見があると思います。
もしもう一度改めて考えるきっかけになったのならそれはとても嬉しい事です。

こうやって偉そうな事をバシバシ書いた以上、私も今まで以上に背筋を伸ばしていろんな角度から酒と向き合っていけるようにしないといけません。


結論。

酒を飲んで人に迷惑をかけちゃあいけない!









さて。

自分にとって適量を楽しむ事で健康維持になったりその場が楽しくなったり、人と人を繫げる仲介役になってくれる素敵なお酒が当店に続々と入荷しております。

造り手さんの思いと共に瓶に詰められたワクワクするお酒ばかりです。


d0033131_18160867.jpg
鹿児島・大海酒造さんの新商品。

「海」っていうすっきり軽快な減圧蒸留の芋焼酎があるのですが、その常圧蒸留バージョン「うみ」。

軽快さを感じつつ芋の旨味や香りも更に楽しむ事が出来る非常に美味しい芋!

やっぱり焼酎って好きやわー!


d0033131_18182646.jpg
エレガント酒「山和Pulito」再入荷。
これ一度飲んでくれた方や飲食店さんから「いいね!」と言っていただけることが多くて、いい意味で困ってます(笑)

ワイングラスで楽しんで見たいなー。

ラベルもオシャレ。味わいもおしゃれ。
エエんとちゃいますかー伊藤さん!

これは飲むべき酒ですよマジで。


d0033131_18181986.jpg
橋本さんの酒。入荷。
限定生。
オーガニック米が原料。
甘さ炸裂。しかし、いい酸が効いてるので、危険。

ラスト2本で終わり。


d0033131_18223323.jpg
橋本さんの酒。山廃純米大吟醸の生。
3200円。一升瓶で。安いぞ。旨いぞ。嬉しいぞ。
こちらもあと数本で終わる。



d0033131_18232281.jpg

5/12に入荷します。
毎年びっくりするくらいに旨くて、この酒をめがけて当店に来てくれる方もホントに多い瓶内2次発酵のシュワシュワ純米大吟醸「花巴スプラッシュ」。

これ飲むと全員が笑顔になってしまうのはなんでやろか?
ホンマにタマラン。
これは今週末にウチに来てくれる人全員に飲んで欲しいと思ってる!

だから試飲用の酒を開封するんで、週末は車じゃなくて電車と徒歩でウチにきてください。
電車と徒歩の方にはもれなく「スプラッシュの試飲体験」をしていただきます(^^)


d0033131_18260746.jpg
きたよ夏が。
夏みかんが。
大人の100%みかんジュースが!

これはお酒です。
ただ、ホンマに腰抜かします。
私は去年、試飲ってイイながら1本カラにしました。
それくらいの旨さです。
平和酒造さんを恨みたいと思います。
この旨さを商品化したらアカンでしょ!って文句を言いたい(笑)


この「鶴梅夏みかん酒」を凍らせたい。
で、シャリシャリに凍った「鶴梅夏みかん酒」をシャーベットみたいにスプーンで風呂上がりに食べたい!
シャリシャリに凍った「鶴梅夏みかん酒」に、更に「鶴梅夏みかん酒」を注いで、またキュッと飲みたい!

アカンわー。アカンわー平和酒造さん!
山本さんアカンってホンマ(笑)旨すぎるって!

d0033131_18322200.jpg
コレもアカン。「鶴梅れもん酒」。
ホンマアカン。
平和酒造さんアカンって。危険やってこの旨さ。
山本さん、アカンって(笑)

これもシャーベットにしたい。
まだ夜がちょっと肌寒いから、お湯で割ってホットレモン酒したい。
風邪引いたら絶対に「鶴梅れもん」でホットレモンしたら治ると思う。


d0033131_18335527.jpg
漬け物も揃ってるから来てや。

青森「田酒」の酒粕を使った漬け物。
酒も進むし、それ以上に白ご飯が進んで進んでしゃあない。

当店は危険な酒とか食品があるぞ。
来てや!



あー、今日も旨い酒飲んで、心地よく酔うことにしよう!








★現在参加者募集中のイベント★


★当店詳細★

かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787
10:00~19:00(火~金)10:00~18:00(土日)
月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり






[PR]

by kadoya-sake | 2017-05-10 18:36 | | Comments(0)