大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 20日

へしこ。

Wikipediaより・・・

「へしこ」とは・・

若狭地方の伝統料理で、越冬の保存食として重宝されている。現在では若狭の特産品・土産物として、漬け込む魚の種類も「鰯へしこ」「河豚へしこ」などが加わり、京都を中心とする関西圏で親しまれている。 ぬかを軽く落とし火であぶったものはお茶漬けや酒の肴に良い。新鮮なものであれば刺身で食べることもできる。

「へしこ」の語源・・・

名前の由来は様々であるが、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったことから、「へし込まれた物」が略されて「へしこ」となったという説、または魚を塩漬けにすると滲み出てくる水分のことを「干潮(ひしお)」と呼んだことから、これが訛ったものであるとする説が有力である。

この言葉の語源としては、常識とは異なる意見もある。「へしこ」は、縄文・弥生時代の言葉かもしれない、という考え方である。そして、そのような大昔の言葉を解読する方法もある。縄文・弥生の古語はアイヌ語のなかに多く保存されている可能性がある。アイヌ語にあてはめると、へしこ=pe-si-kor、pe とは何かからにじみ出てくる液、si はこの場合「それを」、kor は「護持する」「生成する」を意味する。「にじみ出る液がそれを護持する」ならば「へしこ」は魚の腐敗を防ぎ長期保存する古代人の知恵であり、「にじみ出る液がそれを生成する」の意味ならば、独特のうまみを生み出す技法ととることもできる。



素晴らしい!!!

日本酒が好きになると、美味しいアテが欲しくなる。いや、欠かせない。
全国各地で作られている、その土地の名産。
その土地で生まれた酒と、その土地で生まれた酒の肴がベストマッチなのはなんでやろか?
不思議やけど、百発百中やからオモロー!

現在ワタクシは「へしこ」にハマッております。
でも、もうすぐ無くなる・・・。
こんなことなら、鯖一匹買っとくんやったー!!!!!
困ったー!!!

d0033131_22531265.jpg


無くなったらお願いするしかない!!!
d0033131_22553654.jpg

[PR]

by kadoya-sake | 2008-07-20 22:55 | その他もろもろ。 | Comments(0)


<< 世間は3連休。      自己紹介ページ更新!! >>