大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 19日

ザ・大阪

「大阪ならではの食べ物って何やろう?」

これ、ワタクシがずっと思ってることなんです。
「たこ焼き」とか「お好み焼き」とか出てくるんやけども、粉モンだけでエエんかな~。
ひょっとしたら私が知らんだけなんかもしれん。
ホンマに思い浮かばんのです。

商売柄、出張とかでいろんなところに飛びます。
その時にお土産を持って行くんですが、いつも悩みます。
遠くから大阪に来はった人に、「せっかく大阪に来てくれたんやから、大阪ならではの食べ物を!」って思って考えるんですが、粉モンしか思いつかない・・・。

きっとたくさんあるはずや!
知らんだけなんや!

でも、ホンマにあるんやろか?
大阪人がみんな知ってて、大阪以外の人たちに誇れる食べ物・・。
誰か是非教えてください!

で、昨日の新聞を読んでました。
【くいだおれ太郎】で有名な「くいだおれ」の女将さんの記事です。

「何年か前から地産地消という言葉が言われますが、大阪は昔から、地産地消の父柄というよりは商いの町。大阪産だけでは料理は出来ません。でも、「天下の台所」とも呼ばれた大阪には、全国のいい食材が集まったので、多種多様な日本料理が発展したのです。たこ焼きなど粉もんばかりが大阪料理の代表のように思われていますが、そうじゃないんです。
一方では食材の一大消費地になって農業の活性化にも寄与してきました。そうやって食文化の発達したまち、というのが「大阪のくいだおれ」の本来の意味やと思います」


なるほど~。
この女将さんの言葉は、「くいだおれの本当の意味は?」って聞かれた時の返答やったんですが、なるほどな~って思って。

大阪は「天下の台所」と呼ばれ、様々なものが江戸に運ばれていったんやけども、江戸に行く前にまず大阪に全国から食材などが集まって来た。

「関西人は舌が肥えている」とか言われてるのも、ひょっとしたら全国のものが大阪に集まり、それを食す機会が多かったからそう言われてたりするんかな~。


・・・ま、よう分かりませんけども、様々な文化が集まり、食材が集まる。そこで商いが更に発展して今の大阪がある・・・こんな感じでエエんかな???ワカラン。


ということで、くいだおれの女将さんの言葉に「なるほど・・」と思いながらもこれから悩み続ける私であります~(笑)
[PR]

by kadoya-sake | 2008-06-19 16:32 | その他もろもろ。 | Comments(2)
Commented by こねくろ at 2008-06-20 12:39 x
「くいだおれ」の女将さんの言葉には概ね同意の感があります。
京都なんかも似たような印象がありますが、都市の食文化っちゅう
と食材というよりも味付けや調理方法の流儀で個性が見いだせる
かなぁと考えたりします。泉州の方とかだと固有の郷土料理とか
はありますけど。。。

ただ、「こてこての大阪の食いもん」として考えて、脳内が粉まみれに
なりながら一つ思い浮かんだのは箱寿司、特に「バッテラ」ですね。
「バッテラ」といえば正に大阪の鯖寿司ですわ(^^)v

事後報告ながら、昨日はゲリラ訪問にて、青鹿毛を確保
致しました(^^ゞ
Commented by kadoya-sake at 2008-06-20 22:47
>こねくろさん!

ホンマそうやと思いますわー。
「バッテラ」、これを浪花の味としてしっかり覚えておきたいと思いますー!

青鹿毛ゲット報告おおきに!
またテイスティングオモローブログをチェックさせてもらいまっせー!


<< 湿気多いわ。水本も辞めてまうし。      検索ワードランキング。 >>