大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 23日

【俺達の磐城壽スペシャル】

【今月の営業日など】http://kadoyasake.kanpa-i.com/
【今月のイベント】http://kadoyasake.com/free/i-kadoya
【当店詳細】
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:00~19:30(火~金)10:00~18:30(土日)月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり



10月16日からスタートしております【俺達の磐城壽スペシャル】(←勝手に言うてるだけ)!!


25歳くらいから全然かわっていない(つまり、当時は老けてたという噂)私と同い年の蔵元・鈴木大介氏より、続々と仕込み真っ最中の画像が送られております。

非常にありがたい。有り難うございます!

前回は、お米洗いでした。

今回は、その洗ったお米を蒸す作業。


お米をきっちりと洗い、糠を落とす事。
そして、計画とおりにお米に水分を含ませる事。←これがまた大変。0.1秒単位での管理が必要!

それから米を蒸す!

酒造りのスタート。造り手さんはとにかくお米と向き合い、お米の特性を学び、そして知り、お米と語り合いながらひとつひとつ大切に行程を踏んでいく訳でございます。

それから麹造り。

これから更に完成する酒の骨格が出来ていく訳なんです。


細かい事は割愛しますが、多くの方より既に御予約を頂戴しているお酒が、こうやって出来ていくんやーっていうのを写真を見ながら知って頂けると嬉しいですし、親近感を持って頂けると更に嬉しいです。

ということで、写真は1枚目から順番にご覧くださいー!

出来上がった麹から酒母の水麹を造るまでの写真です!

d0033131_2104222.jpg

完成した麹米。
d0033131_211317.jpg

完成した麹米を酒母を造る為のタンクに投入。
d0033131_211341.jpg

そこに酵母を入れます。
あ!どんな酵母使うかバレた(笑)
d0033131_2115618.jpg

ここから時間をかけてゆっくり、もろみのベース(酒母)を作っていきます。


続く・・・



【お酒の詳細】 kadoya-sake.ocnk.net/product/1039
[PR]

by kadoya-sake | 2015-10-23 21:06 | | Comments(0)


<< 俺達の磐城壽スペシャル 続編      営業時間短縮のお知らせ(更に延... >>