大阪酒屋日記 かどや酒店

kadoyasake.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 04日

日本酒「あぶくま」玄葉本店・玄葉さんと大阪で飲む。

d0033131_12433263.jpg

船引の酒「あぶくま」。
蔵元兼杜氏の玄葉祐次郎さんが先頭に立って「自分が旨いと思う、飲みたい酒」を造ってらっしゃいます。

そんな玄葉さんが大阪に来て下さいました。

ウチの店に寄って頂いて、晩は飲みに行きまして。

まずは新世界。

串カツです。

定番ですが、やっぱり旨かったです。

喜多方ラーメン酒蔵さんと一緒に新世界に行った時は2度漬け禁止なのに2度漬けしようとするので
引き留めるのに必死だったことを思い出します(笑)



「コレ、食べてみます?」って玄葉さんに聞いたんですけど・・





d0033131_12485957.jpg


断固拒否(^_^)v

私もこのメニューを見てびっくりしましたわー。
こんなんエエの?
ま、メニューにあるくらいやからエエんでしょうねーきっと。

このブログを見て「挑戦してやろうじゃないか」という蔵元さん、是非参戦お願いします(笑)
一緒に行きましょう(^_^)


串カツを堪能し、通天閣をパシャっとしてから「あぶくま」にハマってくださっている心斎橋のお店に。

d0033131_1252283.jpg


通天閣を写メする玄葉さん。


心斎橋のグリコのネオンから歩いて数分のところにある飲み屋さんへ移動。

そこでは、玄葉さんの地元でしか飲めないはずの「あぶくま本醸造」がある。
これは非常にシブすぎる事なのです!
燗で飲むとなんとも優しい口当たり。
これはイカンです。
そして安いので、尚イカン。

d0033131_12552396.jpg


「大阪でウチの本醸造が飲めるなんて」と玄葉さんは8回くらい言うてました(笑)

本醸造とひやおろしをほどよく飲んだんですが、やっぱり旨かった-。

じっくり飲みながら玄葉さんが蔵に戻ってきた頃から今に至るまでのいろんな話を聞きました。
今まで幾度か会ってるんですが、2人でがっつり飲むのは初めてでしたので、ホンマにオモロかったっす。






こうして蔵元さんが大阪に来てくれてウチみたいなところに寄ってくださるのは本当に嬉しい。

そして、大阪で一緒に飲めるとなれば、やっぱりその蔵元さんのお酒を大事に大事に扱ってくれてて、じっくりお店でお客さんと会話しながらファンを増やしてくださっている飲食店さんに行って、是非とも蔵元さんと会って欲しいと思うのです。

昨日お伺いしたお店の女将さんは、このお酒の良さをどうしたらお客さんに知って頂けるかっていうことを一生懸命考えてらっしゃるんですね。

毎年造られるものなんで、当然味の変化はある。
そういうことを理解し、「今年はこういうタイプだから、こういうふうに提供しようか」など、欠点を探すんじゃなく、良いところを更にパワーアップさせて伝えていく。


本来はこういうことだと私は思ってます。


こんな思いで日本酒を応援してくださっている方というのは、「去年のほうが良かった」みたいな事は、まだ飲んでいない人の前では絶対言わないのです。それって実は、「去年のほうが良かった」という何気ない言葉は、そのお酒に対する悪口になっている事があることを知っているから。


・・・話は大きく逸れましたが、昨日はホンマに楽しかった!
これからも大阪の地で「あぶくま」を見かけた方は是非飲んでみて下さい-!
「どこで飲めるの?」って聞いて頂いてもOKです!
よろこんで「あぶくま」を美味しく楽しめるお店をご紹介いたしますー(^_^)v

玄葉さん!本当にありがとうございましたー!
例の件、よろしくお願いします(笑)


d0033131_14353918.jpg

2人とも酔ってるので、画像は小さめで(^_^)v
[PR]

by kadoya-sake | 2012-10-04 14:37 |


<< 宮崎麦焼酎「青鹿毛」柳田酒造・...      早瀬浦山廃ひやおろし/磐城壽山... >>